歴史年表
8世紀
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ホーム



0701.09.09(大宝01.08.03)
 刑部親王・藤原不比等・粟田眞人・下毛野古麻呂らにより、大宝律令完成

0702.04.09(大宝02.03.08)
 大宝律令を完成させた文武天皇(もんむてんのう)、税制の公平を期するために、日本初の度量衡を実施

0707.08.18(慶雲04.07.17)
 天智天皇第4皇女阿部内親王、藤原宮大極殿で即位し、第43代天皇(元明天皇、奈良時代最初の女帝)となる

0708.03.11(和銅01.02.15)
 元明天皇平城京造営の詔を布告

0708.06.03(和銅01.05.11)
 銀銭「和同開珎」発行(国産貨幣のはじめ)

0708.08.29(和銅01.08.10)
 銅銭「和同開珎」使用開始

0710.04.13(和銅03.03.10)
 奈良時代初代天皇で第43代天皇・元明天皇(天智天皇の第四皇女)、都を藤原京から平城京に移す

0711.04.28
 イスラム教徒(ムーア人)、イベリア半島南部のジブラルタルヘラクレスの柱タリクの山→ジブラルタル)を占領
 ⇒西ゴート王国滅亡 イスラム支配 サラセン帝国ウマイヤ朝

0712.03.09(和銅05.01.28)
 「古事記」完成

0713.05.30(和銅06.05.02)
 元明天皇、「風土記」の編纂を命じる

0720.07.01(養老04.05.21)
 日本書紀が完成し奏上

0723.05.25(養老07.04.17)
 三世一身の法(さんぜいっしんのほう)発布

0729.09.07(天平01.08.10)
 藤原不比等の三女・光明子、臣下から初めて皇后(光明皇后)となる

0730.04.20(天平02.03.29)
 薬師寺三重塔(東塔)建立

0730.05.08(天平02.04.17)
 光明皇后、皇后宮職に施薬院を置く

0730.05.19(天平02.04.28)
 光明皇后、興福寺に五重塔を建立

0734.08.10(天平06.07.07)
 聖武天皇、七夕祭りの余興に相撲を観覧し、夕刻、文人に七夕の詩を作らせる(続日本記)
 ⇒相撲節会(すまひのせちえ)

0741.03.05(天平13.02.14)
 聖武天皇、諸国に国分寺・国分尼寺建立の詔

0745.06.15(天平17.05.11)
 聖武天皇平城京に都を戻す

0745.08.19(唐・天宝04.07.17)
 楊太真、玄宗の貴妃(楊貴妃)となる

0747.11.06(天平19.09.29)
 東大寺大仏の鋳造が始る

0749.03.15(天平感宝01.02.22)
 陸奥国から初めて黄金が発見され、朝廷に献上した日
 陸奥守の百済王敬福(くだらのこにきしきょうふく)、陸奥国小田郡から初めて産出された黄金九百両を聖武天皇に献上

0752.05.26(天平勝宝04.04.09)
 東大寺盧舎那仏(奈良の大仏)開眼供養会
 大佛師・下国公麿と大鋳師・高市真国の指揮下、木材知識5万1590人、役夫166万5071人、
 金知識37万4902人、役夫51万4902人、総数約260万3000人で、6年の歳月を要した

0754.02.12(天平勝宝06.01.16)
 鑑真来朝

0756.07.14(唐・天宝15.06.13)
 唐の玄宗皇帝、楊貴妃を伴って都落ち

0756.07.22(天平勝宝08.06.21)
 光明皇后、聖武天皇の遺品を東大寺・蘆舎那仏に奉献
 東大寺、献納品を収納するため正倉院を建立

0759.08.29(天平宝字03.08.03)
 鑑真唐律招提寺(唐招提寺)を建立
 故・新田部親王(天武天皇第7皇子)の旧宅を賜り、そこを「唐律招堤」と称し、戒院として教学の場を営む

0760.04.06(天平宝字04.03.16)
 和同開珎皇朝十二銭の最初)の偽作が横行したため貨幣改鋳の勅が出る

0764.10.10(天平宝字08.09.11)
 藤原仲麻呂の乱
 太政大臣・藤原仲麻呂孝謙上皇(女帝)に対して淳仁天皇方として兵を挙げる
 0764.10.18(天平宝字08.09.19)
 藤原仲麻呂斬首
 0764.10.19(天平宝字08.09.20)
 道鏡、大臣禅師となる
 0764.11.06(天平宝字08.10.09)
 淳仁天皇、藤原仲麻呂と共謀したとして廃され、孝謙上皇が重祚(称徳天皇)
 0764.11.11(天平宝字08.10.14)
 淳仁天皇、淡路島に流される

0766.11.26(天平神護02.10.20)
 道鏡、法王となる

0769.10.28(神護景雲03.09.25)
 和気清麻呂、称徳天皇(女帝)に、道鏡の即位を排する宇佐八幡宮の神託を伝えたため怒りを買い、
 名前を別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)と改められ大隅に流される

0770.09.14(神護景雲04.08.21)
 称徳天皇の崩御により道鏡が失脚し、下野国薬師寺別当に左遷される

0770.09.29(神護景雲04.09.06)
 道鏡事件(宇佐八幡宮神託事件)
 称徳天皇(女帝)の死去と道鏡の失脚で、和気清麻呂、都に召還される

0781.04.30(天応01.04.03)
 桓武天皇即位

0781.07.31(天応01.07.06)
 富士山噴火(記録に残る年代が明らかな最初の噴火)
 ⇒続日本紀

0784.12.27(延暦03.11.11)
 桓武天皇、平城京から長岡京に遷都

0793.06.08
 デーン人(デンマークのバイキング)、イギリス北海沿岸のリンディスファーン島(ホーリー・アイランド)の修道院を襲う

0794.07.14(延暦13.06.13)
 坂上田村麻呂蝦夷征討を開始

0794.11.18(延暦13.10.22)
 桓武天皇、新京に移る(平安遷都)
 0794.12.04(延暦13.11.08)
 新京を「平安京」と命名

0794.12.04(延暦13.11.08)
 桓武天皇、山背国(やましろのくに)という表記を山城国(やましろのくに)に改め、新京を平安京と称する詔を出す

0797.03.15(延暦16.02.13)
 菅野真道(すがののまみち)・藤原継縄(ふじわらのつぐただ)・秋篠安人(あきしののやすひと)による
 「続日本紀(しょくにほんぎ)」全40巻が完成

0798.08.17(延暦17.07.02)
 坂上田村麻呂、清水寺を建立

0800.04.11(延暦19.03.14)
 富士山大噴火
 富士山三大噴火のひとつ(延暦19、貞観6、宝永4)
 東海道足柄路が埋没したため新たに箱根路が作られた




Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.