歴史年表
7世紀
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ホーム



0604.05.06(推古12.04.03)
 聖徳太子、十七条憲法を制定

0607.08.01(推古15.07.03)
 大和朝廷、第2回遣隋使として小野妹子らを隋に送る
 「日出づる処の天子、書を日没する処の天子(煬帝)に致す。恙無きや」

0615.05.18(推古23.04.15)
 聖徳太子、法華義疏を完成
 日本最古の書物

0622(イスラム暦01.02.21)
 ヒジュラ(聖遷)
 マホメット、メッカからメディナに逃れる

0630.01.11
 マホメット、メッカに入城

0630.09.16(舒明02.08.05)
 舒明天皇(じょめいてんのう)、犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)・薬師恵日を唐に派遣(初の遣唐使)

0643.05.21(皇極02.04.28)
 皇極天皇飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)に都を移す

0645.07.10(皇極04.06.12)
 大化の改新

0645.07.17(大化01.06.19)
 大化の改新
 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)、日本初の元号「大化」を制定

0660.07.18(唐・顕慶05.06.06)
 新羅と唐の連合軍に攻められ百済滅亡

0663.10.04(天智02.08.27)
 白村江の戦い(はくすきのえのたたかい)
 日本・百済の連合軍、唐・新羅の連合軍に白村江(はくそんこう)で大敗

0667.04.17(天智06.03.19)
 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)、大津宮(近江宮)に遷都

0668.10.23(唐・総章01.09.13)
 唐・新羅軍、高句麗を滅ぼし朝鮮半島を統一

0669.11.13(天智08.10.15)
 天智天皇、死の直前の中臣鎌足(なかとみのかまたり)に大織冠(たいしょつかん)と大臣の位を授け、藤原の姓を与える

0670.05.24(天智09.04.30)
 法隆寺、落雷により焼失
 「夜半之後に、法隆寺に災けり。一屋も余ること無し。大雨ふり、雷震る」(日本書記)
 ⇒再建説・非再建説論争

0672.07.24(弘文01.06.24)
 壬申の乱(じんしんのらん)

0672.08.20(弘文01.07.22)
 壬申の乱
 弘文天皇(大友皇子)の近江朝廷軍、瀬田で大海人皇子天武天皇)軍に大敗
 0672.08.21(弘文01.07.23)
 弘文天皇(大友皇子)自害

0674.04.17(天武02.03.07)
 対馬国司守の忍海造大国(おしうみみやつこおおくに)、対馬(長崎県対馬市厳原町樫根)で産出した銀を大宰府を通して
 朝廷に献上
 日本初の銀鉱山発見の日(対馬銀山

0675.02.05(天武03.01.05)
 天武天皇、初の占星台を設置

0676.11.13(天武04.10.03)
 神に新穀を捧げる相嘗祭(あいなめのまつり)が初めて行われる

0680.12.08(天武08.11.12)
 天武天皇、皇后の病気回復を祈念して薬師寺建立を発願

0694.12.27(持統08.12.06)
 持統天皇、飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)から藤原宮(ふじわらきょう)に遷都

0698.11.12(文武02.10.04)
 薬師寺が藤原京に完成

0699.06.26(文武03.05.24)
 修験道の開祖・役小角(えんのおづの 通称:役行者 えんのぎょうじゃ)、弟子・韓国広足(からくにひろたり)の讒言により
 伊豆大島に流される

0700.04.03(文武04.03.10)
 法相宗(ほっそうしゅう)の僧侶・道昭(玄奘三蔵の弟子)、遺志により、日本初の荼毘(火葬)に付される




Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.