1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
9月 長月 ながつき September 芙蓉(繊細な美) サファイア(誠実) 菊月 きくづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
本日は、、時刻は です。
今日は何の日 どんな日 こんな日

9月11日

公衆電話の日1900
  日本初の公衆電話が、東京の新橋と上野駅前および熊本市内に設置された日
  当時は「自動電話」と呼ばれていて、交換手を呼びだしてからお金を入れて相手に繋いでもらうものだった。
  1925年、ダイヤル式で交換手を必要としない電話が登場してから「公衆電話」と呼ばれるようになった。

警察相談の日(警察庁)1999
  警察への電話相談番号「#9110」から
  #9110に電話すると警視庁と各道府県警察本部に設置されている総合相談室につながり、
  この日に限らず1年中、各種事件の困りごとの相談に応じてくれる。

0764.10.10(天平宝字08.09.11) 藤原仲麻呂の乱
 太政大臣・藤原仲麻呂は、孝謙上皇(女帝)に対して淳仁天皇方として兵を挙げる。
 0764.10.18(天平宝字08.09.19)
 藤原仲麻呂斬首
 0764.10.19(天平宝字08.09.20)
 道鏡は、大臣禅師となる。
 0764.11.06(天平宝字08.10.09)
 淳仁天皇、藤原仲麻呂と共謀したとして廃され、孝謙上皇が重祚(称徳天皇)
 0764.11.11(天平宝字08.10.14)
 淳仁天皇は、淡路島に流される。

1331.10.13(南朝・元弘01.09.11/北朝・元徳03.09.11) 元弘の乱
 楠木正成は、後醍醐天皇方として赤坂城に兵を挙げる。

1900
 上野駅と新橋駅の構内に公衆の自動電話が初めて設置される。

1905
 大日本帝国海軍戦艦「三笠」、佐世保港内で弾薬庫の爆発事故により沈没
 339人死亡
 1906.08.08
 浮揚
 1908.04.24
 第1艦隊旗艦として現役に復帰

1930
 浅草松竹座「松竹オンパレード」公演で、水の江滝子が、「男装の麗人」として人気を集める。

1937
 後楽園球場開場
 水原茂が、後楽園初のホームランを打つ。

1938
 丹羽文雄・尾崎士郎・久米正雄ら、従軍作家(陸軍班)として漢口へ出発

1945
 GHQ、東條英樹ら戦争犯罪人の逮捕を命令

1949
 杉原荘介明治大学助教授、相沢忠洋発見の岩宿遺跡の試掘調査に成功

1956
 広島原爆病院開院

1985 ロス疑惑(三浦一美殴打事件)
 三浦和義、殺人未遂容疑で逮捕

1985
 ピート・ローズ、通算4192安打の新記録を達成(タイ・カップの記録を57年ぶりに更新)

1988
 リバプールの競馬場で行われたマイケル・ジャクソンのコンサートで、観客が、将棋倒しになり、3400人が負傷

2001 アメリカ同時多発テロ事件
 3000人以上死亡・行方不明
 6000人以上負傷
 テロ事件としては史上最悪

2005
 第44回総選挙が全国300の小選挙区と11ブロックの比例区(総定数180)で行われ、
 自民党は296議席を獲得し、公明党と合わせて定数の3分の2を超える327議席を占めた。

2009
 全国の100歳以上の高齢者が9月15日時点で過去最多の4万399人となり、初めて4万人を突破したことが分かった。

2009
 国際宇宙ステーション(ISS)に補給物資を運ぶ日本初の無人宇宙船「HTV」を搭載した
 
大型ロケット「H2B1号機」が、種子島宇宙センターから打ち上げられた。

2010
 午後8時17分、全地球測位システム(GPS)の精度向上をめざす準天頂衛星初号機[愛称:みちびき](QZS-1)を載せた
 大型ロケット「H2A18号機」が、種子島宇宙センターから打ち上げられた。

2010
 捜査機関による取り調べの録音・録画を求める市民集会(大阪弁護士会主催)が、大阪弁護士会館(大阪府大阪市北区)で開かれた。

 検察は密室の中で、利益誘導や威迫などあらゆる手段を使って調書にサインをさせている。
 村木厚子冤罪事件・鈴木宗男冤罪事件担当弁護士・弘中惇一郎

 大声でどなられ、ストーリーを認めるよう強要された。理不尽で拷問のような取り調べだった。
 大阪府枚方市の公共工事を巡る談合事件で大阪地検特捜部に逮捕され無罪が確定した元副市長・小堀隆恒

2011 福島第1原発事故(人災)
 原発廃止を求める市民団体ら約2000人が、「経産省を人間の鎖で囲もう!1万人アクション」と題して東京都内でデモや集会を開いた。
 参加者は、午後1時、日比谷公園(東京都千代田区)に集合し、 東京電力本店前(東京都千代田区)など
でデモ行進をした。
 午後3時半、原子力安全・保安院や資源エネルギー庁を抱える経済産業省に向かい、「人間の鎖」で周りを囲んだ。
 また、「脱原発」を訴える約1万人が、午後1時、JR新宿駅周辺(東京都新宿区)をデモ行進した。
 「原発やめろデモ!!!!!」は、午後2時頃、新宿中央公園に約1万人が集合し、約2時間かけてJR新宿駅前など繁華街をデモ行進した。
 複数の市民団体などが企画した「脱原発アクションウィーク」の一環で、全国70カ所以上で原発反対を訴えるデモが行われた。

2011 福島第1原発事故(人災)
 内閣官房長官の藤村修は、記者会見で、前経済産業大臣の鉢呂吉雄の「放射能を付けたぞ」という趣旨の発言が報道されたことについて、
 民主党幹部が経緯を検証し、今後のメディア対応も検討する意向を示していることを
明らかにした。
 オフレコの非公式懇談で
の発言などが報道されたことを問題視しただけだった。

2012 福島第1原発事故(人災)
 福島県福島市で開かれた県民健康管理調査検討委員会で、福島県立医科大学は、子供を対象とする甲状腺検査について、
 二次検査の結果、1人の甲状腺がんが確認された、と報告した。検査で甲状腺がんが見つかるのは初めて。
 甲状腺検査は福島第1原発事故(人災)時に18歳以下だった子供約36万人が対象で、検査結果が判明したのはこれまでに約8万人。

2012 福島第1原発事故(人災)
 東京電力は、過酷事故(レベル7)発生直後の福島第1原発を撮影した写真600枚を新たに公開した。
 社員らに映像の提供を求め、約780枚が集まったが、180枚は核物質の安全にかかわる施設が写っている、として公開しなかった。

2012 福島第1原発事故(人災)
 全国の原発で発生する使用済み核燃料や再処理後の高レベル放射性廃棄物について、
 日本学術会議は、原発の廃止などによる長期的な「総量管理」と現在の最終地層処分方針に替わる「暫定保管」制度の導入を柱とする提言書をまとめた。
 国の原子力委員会の審議依頼に対する回答として、大西隆会長が近藤駿介委員長に手渡した。
 国の原子力委員会は、福島第1原発事故(人災)前の2010年9月に審議を依頼し、最終処分地の選定が進まない状況を打開するため、
 より良い説明や情報提供方法の提言を求めていた。
 しかし、日本学術会議の検討委員会は過酷事故(レベル7)後、原子力政策の社会的合意がないまま最終処分地選定を進めるのは本末転倒であり、
 高レベル廃棄物を地下300メートルより深くに数万年埋設する「地層処分」は安全性が保証できないと指摘し、根本的見直しを提言した。

2012 福島第1原発事故(人災)
 野田佳彦政権は、閣議で、原子力規制を一元的に担う新組織「原子力規制委員会」を9月19日に発足させることを決定した。

2012 尖閣諸島国有化
 野田佳彦政権は、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島など3島を20億5千万円で購入する売買契約を地権者と交わし、国有化した。
 これに先立ち、閣議で2012年度予算の予備費から購入費の支出を決定した。

2013 福島第1原発事故(人災)
 過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発の地上タンクから約300トンもの高濃度放射性汚染水が漏出した事故(レベル3)で、
 東京電力は、漏出タンクから北に約20メートル離れた観測用井戸で、地下水1リットル当たり6万4千ベクレルのトリチウムが検出された、と発表した。
 海に流せる法定基準(6万ベクレル)を超えており、この井戸のトリチウム濃度は3日間で約15倍に急上昇した。
 高濃度放射性汚染水が漏出した「H4」と呼ばれるタンク群の周辺では、地下水に汚染が拡大している可能性が高まっている。

 汚染水の悪化は続いています。
 汚染水漏れのタンク北側の観測用井戸で検出された数値は、原子力施設からの放出限度である6万ベクレルを上回った。
 9日は3000ベクレルだった。汚染が広がり、それが海へと流れ込む。だが、政府は抜本策を打ち出さず。
 金子勝 (masaru_kaneko) on Twitter

2013 福島第1原発事故(人災)
 過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発の地上タンクから約300トンもの高濃度放射性汚染水が漏出した事故(レベル3)で、
 原子力規制委員会委員長の田中俊一は、安倍晋三総理が国際オリンピック委員会(IOC)総会で「状況はコントロールされている」
 などと発言したことに関連し、「心配しなければいけないような状況でないことは、私もそう思っている」と認識の甘い発言をした。

2013 東日本大震災
 1万8500人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災は、発生から2年半となったが、
 岩手、宮城、福島3県などで被災した約29万人は今も避難生活が続いていることが分かった。
 復興庁によると、8月12日現在の避難者は28万9611人で、放射能への不安を抱える福島県は県外避難者が5万2277人いる。
 警察庁によると、9月10日時点の死者は1万5883人、行方不明者は依然2654人に上る。
 東京新聞によると、原発関連死は910人で、この半年だけでも少なくとも121人に上る。
 3県沿岸部では、9月11日に警察や海上保安庁などが1000人規模で不明者の一斉捜索を行う。

2013
 宮崎駿監督の最後の映画作品「風立ちぬ」が、7月20日の公開から54日間で観客動員数800万人、興行収入100億円を突破した。
 興収100億円突破は、邦画としては2008年7月に公開された「崖の上のポニョ」以来、5年ぶりの快挙。

2014 東日本大震災
 東日本大震災の発生から3年半を迎えた。
 復興庁によると、避難者は8月14日時点で24万5622人、このうち岩手、宮城、福島の3県で仮設住宅などに暮らす避難者は約19万人となっている。
 住んでいた県以外に避難している人は3県で5万5636人に上り、福島第1原発事故(人災)の影響を受ける福島県民が4万7149人と84%を占める。

2014 福島第1原発事故(人災)
 原発関連死、1100人超す 福島、半年で70人増
 東日本大震災から十一日で三年半。東京電力福島第一原発事故に伴う避難で体調が悪化し死亡した事例などを、
 本紙が独自に「原発関連死」と定義し、福島県内の市町村に該当数を取材したところ、今年三月の調査から半年間で七十人増えたことが分かった。
 事故後の合計は少なくとも千百十八人。原発再稼働に向けた動きが進むが、事故の被害は今もやんでいない。
 福島県内の震災関連死者数は千七百五十八人(十日現在)で、宮城県や岩手県を大幅に上回っており、
 このうち原発関連死者は少なくとも六割に上る。 (鷲野史彦)
 9月11日 東京新聞

2014 福島第1原発事故(人災)
 脱原発を求める市民団体のメンバーが経済産業省前にテントを設置してから丸3年を迎えたこの日、テント前で集会が開かれた。
 メンバーらは、参加者が手をつなぐ「人間の鎖」で政府(安倍晋三自公原発推進暴走政権)の原発再稼働方針に抗議した。
 テントは、福島第1原発事故(人災)から半年後の2011年9月11日に設置された。

 脱原発テント、3周年 「原発を止めればいつでも立ち退く」
 原子力村の総本山に匕首(あいくち)が突き付けられて、きょうで丸3年が経った。
 経産省の北西角地に立つ、3張の小さなテントは「原発は要らない」と願う人々の拠り所となってきた。
 「故郷を追われてもここ(テント)に来れば、友に再会できる」。原発事故で避難している福島出身の女性が語っていた。
 2012年1月には経産省が期限を区切り退去を迫った。期限最終日には警察が出動したが、市民数千人が集結しテントを守った。
 万が一にも安倍政権が力づくでテントを潰すようなことがあれば、相当の返り血を浴びるだろう。
 9月11日 田中龍作ジャーナル

2014 福島第1原発事故(人災)
 政府(安倍晋三自公原発推進暴走政権)は、福島第1原発事故(人災)で政府の事故調査・検証委員会が行った
 元所長の吉田昌郎(故人)の聴取記録を、内閣官房のホームページで公開した。
 政府は、同時に、当時の菅直人総理や内閣官房長官の枝野幸男ら18人分の調書も公開した。
 2号機が危機的状況に陥った2011年3月15日には、第1原発で事故対応を指揮する幹部級の社員を含む約650人が第2原発に退避し、
 残ったのは約70人だった。
 この時の状況について、吉田元所長は「本当は私、2F(第2原発)に行けと言っていないんですよ。
 福島第1の近辺で、線量の低いところに1回退避して次の指示を待てと言ったつもり」と述べた。
 一方で「よく考えれば(線量の低い)2Fに行った方がはるかに正しいと思った」とも語っている。
 この時の退避については、調書を独自に入手した朝日新聞が今年5月20日付の朝刊で「所長命令に違反」と報じたが、
 朝日新聞は、9月11日、「発言の評価が誤っていた」として記事を取り消す、と発表した。

 みなさまに深くおわびします 朝日新聞社社長・木村伊量
 朝日新聞は、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した、
 いわゆる「吉田調書」を、政府が非公開としていた段階で独自に入手し、今年5月20日付朝刊で第一報を報じました。
 その内容は「東日本大震災4日後の2011年3月15日朝、福島第一原発にいた東電社員らの9割にあたる、
 およそ650人が吉田昌郎所長の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発に撤退した」というものでした。
 吉田所長の発言を紹介して過酷な事故の教訓を引き出し、政府に全文公開を求める内容でした。
 しかし、その後の社内での精査の結果、吉田調書を読み解く過程で評価を誤り、「命令違反で撤退」という表現を使ったため、
 多くの東電社員の方々がその場から逃げ出したかのような印象を与える間違った記事になったと判断しました。
 「命令違反で撤退」の記事を取り消すとともに、読者及び東電福島第一原発で働いていた所員の方々をはじめ、みなさまに深くおわびいたします。
 9月12日 朝日新聞

 原発事故調書19人分公開 情報入らず誤認の連鎖
 <政府事故調の調書> 政府事故調は吉田元所長を含め計772人から聞き取りし、2012年7月に最終報告書をまとめた。
 聴取した記録(調書)は非公開とされてきたが、政府は今回公開に踏み切った。
 特に吉田氏の調書は全7編で構成され、A4判で約400ページに上る。
 聴取は11年7月から11月まで約30時間にわたり、吉田氏が指揮を執った原発内の免震重要棟内と、事故対応拠点「Jヴィレッジ」で実施した。
 <最悪のシナリオ> 福島第一で、使用済みも含め核燃料が次々と溶融した場合どうなるかを試算。
 横浜市の一部も含む250キロ圏まで避難地域が広がると予想している。
 このシナリオは今年5月に、福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じる判決を出したときの重要な根拠
 として挙げられている。
 9月12日 東京新聞 朝刊

 事故教訓 安倍政権顧みず 再稼働推進 調書把握後も
 政府が十一日に公表した当時の民主党政権幹部らの聴取記録(調書)には、混乱しながら福島第一原発事故の対応に追われる姿や、
 原発事故の恐ろしさがつづられていた。安倍政権は調書の内容を把握しながら、教訓を忘れたかのように再稼働を進めようとしている。 (城島建治)
 「どんな安全対策をやっても原発はリスクが大きい。日本の場合、首都圏を含む三分の一は住めなくなる」。
 当時首相だった民主党の菅直人氏は聴取にこう答えていた。
 記者は当時、首相官邸で官房長官だった枝野幸男氏の取材を担当していた。
 事故直後、秘書官の一人が「原発内部で何が起きているのか、全く分からない。東京から撤退する外国要人が続出している」と漏らしたのを覚えている。
 9月12日 東京新聞 朝刊

 吉田調書公開 津波対策 機会逃す
 公開された「吉田調書」で、東京電力福島第一原発事故当時の状況を語った吉田昌郎(まさお)氏(故人)は所長になる前、
 原発の地震・津波対策を講じる現場のトップでもあった。事故で東日本全体の危機を救った「英雄」と評価される一方、
 重大事故の防止につながったかもしれない好機を自ら逃していた。
 調書からは吉田氏の後悔と東電の体質が読み取れる。 (原発取材班)(9月12日 紙面から)
 東京新聞 核心

 政府事故調の調書公開 福島の教訓、生かさねば
 政府事故調が聴取した関係者は772人に上り、今回の公表分はごく一部にすぎない。
 当時の民主党政権の主な閣僚は名を連ねるものの、いわゆる「原子力ムラ」の関係者は少ない。
 今回の事故の最大のポイントは、津波の襲来や全電源喪失を事前に想定せず、
 その結果、水素爆発や炉心溶融といった緊急事態への対応が後手に回ってしまったことだ。
 吉田氏は水素爆発を想定していなかったことは自戒を込めて反省する半面、
 津波対策については「何の根拠もないことで(防潮堤などの)対策はできません」などと、企業の論理で反論している。
 大津波は来ないという「安全神話」づくりは、特定の誰かではなく、原子力ムラの関係者がこぞって加担した―。
 原発に依存してきたこの国の来し方を謙虚に振り返ることが、福島の事故を国民的な教訓とする第一歩に違いない。
 9月12日 中日新聞

 【吉田調書問題1】
 朝日新聞の「命令違反」報道は、狙われていることに無自覚で軽率のそしりを免れないが、
 朝日新聞にはジャーナリズムが生き残れるかどうかの重大な責任が生じた。ここが踏ん張りどころ。
 他のメディアも「吉田調書」を使い、原発事故の本質的問題追及の質とレベルで競うべきだろう。
 【吉田調書問題1】
 早速「吉田調書」からの抜粋記事。いったん重大事故が起きると、現場がいかに混乱するかが分かる。
 コアキャッチャーも2重の格納容器もないのに「世界一の安全基準」。これで現場の混乱や人為的ミスで耐えられるのか。
 金子勝 (masaru_kaneko) on Twitter

 吉田調書 「国会事故調も公開を」 幅広く検証要求の声
 東京電力福島第一原発事故をめぐり、国会が設置した福島原発事故調査委員会(国会事故調)が故・吉田昌郎(まさお)元福島第一所長から
 非公開で聞き取った記録を公開するよう求める声が出ている。政府事故調の「吉田調書」が十一日に公開されたためだが、
 国会事故調の記録の取り扱いは決まっていない。 (宮尾幹成)
 9月13日 東京新聞

2014
 秋篠宮文仁親王の第二皇女子・佳子内親王(19)が、別大学受験のため学習院大学を中退したことが分かった。

2014
 レスリングの世界選手権第4日は、タシケントで女子3階級が行われ、
 53キロ級決勝で、吉田沙保里(日本)が、ソフィア・マットソン(スウェーデン)を判定で下し、五輪と世界選手権を合わせて世界大会15連覇を達成した。

2014
 レスリングの世界選手権第4日は、タシケントで女子3階級が行われ、
 58キロ級決勝で、伊調馨(日本)が、ワレリア・コブロワ(ロシア)をテクニカルフォールで下し、2年連続9度目の優勝を果たし、
 12度目の世界大会制覇も決めた。

2015 福島第1原発事故(人災)
 金曜日夜恒例の原発再稼働反対大規模抗議行動が、総理官邸前で行われ、約1300人(主催者発表)が参加した。
 「原発やめろ」 「安倍はやめろ」

 金曜日の声 官邸前
 中学生「怖い法案」シールズ、国会前デモ
 安全保障関連法案と原発再稼働に反対する抗議行動が十一日夜、国会周辺であり、
 雨が時折強く降る中、「国民なめんな」「子どもを守れ!」と声を上げた。
 2015年9月12日 東京新聞

2015 戦争法
 戦争法案(安全保障関連法案)反対大規模抗議行動が、国会前で行われ、約1万人(主催者発表)が参加した。
 「戦争法案絶対反対」 「安倍はやめろ」

2015 戦争法 憲法違反 安倍晋三自公米国隷従政権
 戦争法案(安全保障関連法案)に関する参議院特別委員会は、有識者や国民から意見を聞くために9月15日に開く中央公聴会で意見を表明する
 「公述人」の公募を締め切った。
 参議院では過去10年で最多の95人が応募し、全員が法案に反対の立場を示した。
 戦争法案に関する衆議院特別委が7月に開いた中央公聴会の応募者は15人で、全員が反対の立場だった。
 中央公聴会は、国会法に定められ、国民の関心が高い法案について有識者らの意見を直接聞く会合で、
 国会の慣例で法案採決の前提とみなされているが、採決との関連を規定した法律や規則はない。

2015
 積極的平和主義と難民受け入れ
 世界はいま、難民で大揺れだ。欧州連合(EU)のユンケル委員長は九日、シリアなどからの難民十六万人の受け入れ義務化を加盟国に提案した。
 ひるがえって、日本は事実上の「難民鎖国」を続ける。
 政府は「積極的平和主義」をうたい、安保法制を推進している。
 だが、難民救済に手をこまねく平和主義など存在するのか。
 難民発生の遠因であるイラク戦争を支持した道義的責任についても、頬かむりしたままだ。(榊原崇仁、三沢典丈)
 2015年9月11日 東京新聞 特報

2015
 「豪雨」対策会議10分で終了…人命より安保優先した安倍首相
 常総市の鬼怒川の堤防が決壊したのは、10日午後0時50分。
 その時、安倍は官邸で公明党の山口那津男代表とサシで向かい合っていた。
 政府・与党が来週中に安保関連法案の成立を目指す中、2人は参院の採決日程について話し込んだ。
 午後0時30分に始まった会談は約1時間に及んだ。
 山口代表との会談を終えると、続いて午後1時36分から次のメンバーと話し込んだ。
 国家安全保障局長の谷内正太郎氏、内閣情報官の北村滋氏、外務省総合外交政策局長の平松賢司氏、防衛省防衛政策局長の黒江哲郎氏、
 同じく統合幕僚長の河野克俊氏と、いずれも安保関連法案の実務を担う政府高官ばかり。
 ようやく安倍首相が関係閣僚会議を開いたのは、午後3時49分。堤防の決壊から、すでに3時間が経過していた上に、会議の時間はたった10分。
 「この日未明、気象庁は栃木に特別警報を発令し、大雨被害の危機が迫っていたことは容易に判断できました。
 ならば首相は人命最優先で緊張感を持って公務に臨むべきで、本来なら安保審議の相談にかまけている余裕などなかったはず。
 しかも首相は安保審議で二言目には『国民の生命と安全、生活を守る』と豪語しています。
 多くの被災者が“存立危機事態”を迎えている今こそ、国民の生命が第一。
 災害対策に万全を期すため、安保法案の採決を一時、タナ上げしたって罰は当たりません。
 それができないのなら、『国民の命を守る』なんて口先だけ。
 やはり首相は安保法案を成立させ、米国へのゴマスリが最優先なのでしょう」
 (政治評論家・森田実氏)
 2015年9月11日 日刊ゲンダイ

 首相動静(9月10日)
 午後3時49分〜午後3時59分
 栃木、茨城両県などの大雨に関する関係閣僚会議。
 午後7時26分〜午後8時45分
 総理公邸でウガンダのムセベニ大統領のために開いた総理夫妻主催の晩餐会に出席。

 首相動静(9月11日)
 午前11時29分〜午前11時41分
 栃木、茨城、宮城各県などの大雨に関する関係閣僚会議。
 午後7時11分〜午後8時22分
 ザ・キャピトルホテル東急内のレストラン「ORIGAMI」で秘書官と飲食。
 午後8時32分〜午後10時9分
 ジャーナリストの櫻井よしこ事務所でインターネット番組に出演。

2015
 鬼怒川の大規模水害で、茨城県坂東市長の吉原英一は、茨城県庁を訪れた政府調査団に
 「常総市の一部で起きた氾濫は、川岸に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設した民間業者が砂丘を掘削したことが招いた」と主張し、
 事業の許認可では、地元住民の意見に十分配慮するよう要望した。
 内閣府副大臣の赤沢亮正(あかざわりょうせい)ら政府調査団と茨城県知事の橋本昌の意見交換に同席した吉原市長は
 「常総市の代弁」として、氾濫前後の川岸の写真を示し、
 常総市若宮戸で、昨年、ソーラーパネル設置のため私有地を掘削したことが氾濫につながった、と指摘した。

2015
 環境省は、記録的な大雨の影響で福島県飯舘村の河川が氾濫し、
 東京電力福島第1原発事故(人災)に伴う除染(移染)で出た放射能汚染廃棄物が入った大型の除染(移染)袋が川に流出した、と発表した。
 82袋を発見し37袋を回収したが、周辺一帯が冠水、道路が寸断されて調査できていない場所もあり、全体の流出数は把握できていないという。
 環境省によると、流出したのは約1立方メートルの「フレコンバッグ」などと呼ばれる袋で、
 付近の農地の除染(移染)で刈り取った放射能汚染草などが入っており、重さは1袋約200〜300キロである。

2015
 この大雨で、飯舘村の汚染土が入ったフレコンパックが流された。
 おそらく中間貯蔵施設も同様の問題が起きうるだろう。いや、その前に、3〜5年寿命のフレコンパックが次々破れていくだろう。
 東電救済優先を続ける限り福島の環境回復をダメにする。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015
 働く人を交代させれば企業が派遣労働者を使い続けられるようにする改正労働者派遣法は、
 衆議院本会議で採決され、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。
 改正法は正社員より賃金が低く、雇い止めしやすい「派遣」の働き方を助長する恐れがある。
 9月30日から施行されるが周知期間が短いため、現場に混乱が起きる可能性も指摘されている。

2015
 【独裁と個人情報】
 マイナンバーで個人消費を把握し食品にかかる消費税還付金を出す案の背景に、
 半導体やコンピューター失敗したNEC(売上高5兆円→3兆円)を東京五輪とマイナンバーで救済がある。
 アベは生活保護を削っても大企業救済。露骨です。
 
 【独裁と個人情報2】
 独裁政権は個人情報を管理したがるが、科学技術政策としても原発並みのダメさ。
 先端産業企業が不振になるたび公的研究資金が投入されるが、
 半導体、スパコン、バイオ産業と過去の栄光にすがって変化を直視しないオーバスペック。
 問題点をえぐりださなければ、衰退しかない。
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015
 東証株が乱高下している正体は、必死に株価維持で動く安部と黒田のアベノミクス=異次元のジャブジャブ金融緩和と
 「官製相場」を読んで、「利食い」を狙う外国人の売買が7割という異常事態。
 ああ国民の財産をぶち込んで「日本を売り渡す」アベです。
 
 一方、アベノミクスは物価目標が遠ざかるばかり。8月の企業物価はー3.6%。これで5ヶ月連続のマイナスだ。
 日銀が2%の物価目標さえ掲げれば、物価上昇期待が起きるはず。
 人々の期待を統制できるという勘違いは、アベ独裁政治にも通じます。
 
 アメリカも8月の物価上昇率は対前年同月比で7%も低下。
 アメリカの金融緩和縮小が新興国からマネーを逆流させ、今度は、中国など新興国経済の悪化が世界的不況となって、アメリカに跳ね返ってくる。
 米国もなかなか抜け出せない泥沼化する金融緩和。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016
 限界超すタンク群 処理水週3000トン
 東京電力福島第一原発では、事故発生から5年半がたっても、いまだ汚染水問題に足を取られ、廃炉作業に全力を注げずにいる。
 何とか汚染水を減らそうと、さまざまな対策が講じられてきたが、どれも実感できるほどの効果はない。
 広大な松林だった敷地も、今はタンク置き場と化し、用地も限界に近づく。問題解決への道のりは依然、長い。(小川慎一、山川剛史)
 2016年9月11日 東京新聞

2016 福島第1原発事故(人災)
 増え続ける汚染水 福島第一原発事故5年半 立ち並ぶタンク
 東京電力福島第一原発事故は十一日で発生から五年半。その直前に本社ヘリ「あさづる」で原発上空を飛んだ。
 双眼鏡をのぞくと、三年前の夏、高濃度の放射性ストロンチウム汚染水が漏れた区域で、ボルト締め型タンクの多くが解体されて姿を消していた。
 そこでは、耐久性のある溶接型タンクに置き換えるため、整地と六角形の基礎造り、溶接が同時並行で進んでいた。
 「せっかく造ったタンクを壊して造り直し。こんなことで現場の士気が上がるものか」。
 増え続ける汚染水や被ばくと闘う作業員の姿から、対応が後手に回る東電への怒りがこみ上げた。 (山川剛史)
 2016年9月11日 東京新聞

2016 福島第1原発事故(人災)
 限界超すタンク群 処理水週3000トン
 東京電力福島第一原発では、事故発生から5年半がたっても、いまだ汚染水問題に足を取られ、廃炉作業に全力を注げずにいる。
 何とか汚染水を減らそうと、さまざまな対策が講じられてきたが、どれも実感できるほどの効果はない。
 広大な松林だった敷地も、今はタンク置き場と化し、用地も限界に近づく。問題解決への道のりは依然、長い。(小川慎一、山川剛史)
 (9月11日 紙面から)
 東京新聞 核心


2016 福島第1原発事故(人災)
 【粘り強く】
 三反園鹿児島県知事が定期点検が近づいてきたため、九電への即時停止要請は断念した。
 だが、基準地震動、脆い鋳鉄部品問題、避難計画の整備など、県民の安全のため、取り組むべき問題は多い。粘り強く追及してほしい。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016 福島第1原発事故(人災)
 なぜ不出馬? 泉田新潟県知事に立候補撤回の真意を聞いた
 29日に告示される新潟県知事選で、4選を目指していた泉田裕彦知事(53)が突然、不出馬を表明した。
 原子力政策に対して「モノ言う知事」はなぜ立候補を撤回したのか。泉田知事を直撃した。
 事実に反する記事や県民に誤解を与えかねない記事が地元紙「新潟日報」にずっと載り、
 「訂正して欲しい」「適切な報道をして欲しい」と申し入れました。
 しかし、県から申し入れがあったことは報道されず、申し入れ内容が正しいのか否かも伝えない。
 あまりに回数が重なったので先月24日の定例会見で訂正を求めましたが、「異例の会見」と出ただけで、状況は変わらなかった。
 あるところから「『航路問題で泉田知事の首を取る』というプロジェクトが進んでいるようだが、現状どうですか」という取材の申し入れが(私に)ありました。
 ということになると、単なる報道の問題ではなくて、「政治的な狙いも含んだもの」と理解せざるを得ない。
 だからこそ、(県の反論が掲載されずに県民に)届かないのだと思いました。
 今回の県知事選は「原子力防災にどう向き合うのか」などを問うべきですが、私が出ると、航路問題ばかりに焦点が当たってしまう。
 これまでの福島原発事故の総括で、原子力防災でいくつもの穴があったことが分かっています。
 柏崎刈羽原発の5〜30キロ圏には屋内退避をする住民が約44万人もいますが、
 「ヨウ素剤配布」「屋内退避時の余震リスク」「避難バスの運転手確保」などの問題が積み残しになっており、
 「原子力災害対策指針が妥当なのか」を議論することが知事選の争点です。
 ところが、私が出馬すると、「航路問題の県関与」を問う選挙になってしまう。
 「県民の健康、生命、安全、原子力防災など、本来、議論をするべきことが議論できる環境になって欲しい」ということが撤退の理由です。
 原子力防災の議論を引き継ぐ候補者が出ることを期待しています。
 2016年9月11日 日刊ゲンダイ

2016 福島第1原発事故(人災)
 【もうひとつの9・11】経産省前・脱原発テント 幻の5周年
 8月21日未明、原発再稼働反対のシンボルだった経産省前のテントが強制撤去された。
 福島原発事故が起きた2011年の9月11日に、反原発の市民が建てたテントは、きょうで5周年を迎えるはずだった。
 テント跡地の経産省前で「幻の5周年」集会が開かれた。(主催:経産省前テントひろば)
 久々に大勢の人々で賑わった経産省前で「テントひろば」共同代表の渕上太郎さんがマイクを握った―
 「国家権力、経産省の力で(テントは)潰されてしまったが、へこたれる事はない。テントここに在りだ」
 「テントは東京における脱原発の極めて重要な発信地と言われてきた。
 テントがあり続ける事が、(原発事故を)なかった事にする国や経産省と反していた」。
 「原発いらない福島の女たち」の武藤類子さん(三春町)もテントの撤去を悲しんだ。田中のインタビューに胸中を明かした。
 「心寄せあったテント。とっても寂しい。こうやって潰されていくんだな。福島では絶望的な思いがある。一気に再稼動の流れが来ている」。
 東電・柏崎刈羽原発の再稼働を阻止していた新潟県の泉田裕彦知事は、選挙戦からの撤退を余儀なくされる。
 川内原発の一時停止を求めた鹿児島県の三田園訓知事は、九電に一蹴されるありさまだ。
 原子力ムラは安倍政権と一体となって、力づくで再稼働を推し進めようとしている。
 政治の流れは、まるで福島の原発事故などなかったかのようだ。
 経産省前の脱原発テントもその奔流に のまれた のだった。
 2016年9月11日 田中龍作ジャーナル

2016 築地市場移転問題
 【2つの移転問題】
 築地移転先の豊洲市場で盛り土がなかった。その費用は?食品を扱う場所であり、安全確保の措置は取り得るのか。
 旭化成建材や三菱自動車、原発問題とも共通する。原発賛成の小池知事にきちんとした対応をとれるかが一番の問題だ。
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016091102000110.html
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016 辺野古新基地建設 高江ヘリパッド建設
 【2つの移転問題2】
 宮本憲一大氏ら182人が、名護市辺野古の新基地や東村高江でのヘリパッドの建設を強行する政府に対し抗議声明を発表。
 民進党代表選で辺野古移設堅持を表明した蓮舫氏は、沖縄の民意無視とひどい人権蹂躙をどう考えているのか。
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/61442
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016 辺野古新基地建設
 「民進党代表選の3候補は11日、さいたま市で行なわれた公開討論会で、米軍普天間飛行場の移設問題について論戦を繰り広げた。
 前原誠司氏と玉木雄一郎氏が「辺野古移設計画は見直すべき」と主張したのに対して、
 蓮舫氏は「現在の辺野古移設計画を堅持する」と強く主張した」とのこと。
 きっこ (@kikko_no_blog) | Twitter

2016 高江ヘリパッド建設
 沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド建設に伴い、
 6都府県から派遣されている機動隊が沖縄県内を移動するために使うガソリンや高速代金などを沖縄県警が負担していることが発覚した。
 横暴な派遣機動隊はヘリパッド建設に反対している市民らを強制排除するなど、怪我人が続出している。
 反対決議を2度もしている高江区、建設を容認しながら混乱を懸念する伊集盛久村長は工事車両の村道通過を拒否している。
 翁長雄志知事も
 「事前に十分な説明もなく一方的に工事を進めようとする政府(安倍晋三自公米国隷従独裁政権)の姿勢は到底容認できない」
 と批判を強めている。

2016 高江ヘリパッド建設
 社説[派遣機動隊の移動費]県警負担の説明必要だ
 反対の声が高まる中で、過剰警備に県民の血税が使われるのは納得できない。
 この予算措置はどこでどうやって決まったのか。
 県警は決定過程を含め、機動隊が派遣された7月からこの間、どれだけの税金を支出したのか、明らかにすべきだ。
 6都府県公安委員会への要請は県公安委が行っているが、協議を開かず持ち回りで決裁している。議事録もない。
 あらかじめ沖縄県警から連絡を受けた警察庁が必要な調整を行ったと政府は説明するが、
 県議会に経緯の調査を求める陳情をした沖縄平和市民連絡会は警察庁が主導していると指摘する。この経緯も説明する必要がある。
 同連絡会が入手した文書によると、派遣機動隊は各地から出港するまでに沖縄県警の給油カードを提示して車両を満タンにする、
 県内では県警契約の18店舗で県警の給油伝票を提示して給油する-ことを求めている。
 高速道路を利用する際は県警の高速券を使用することを明記している。
 一方、沖縄防衛局は9日、民間のヘリコプターを使い、米軍北部訓練場内で、N1地区から重機や機材をつり下げ、G・H地区間を5往復した。
 市民らの抗議行動で工期の大幅な遅れを取り戻すため、ヘリで運ぶというなりふり構わぬ姿勢である。10日も続行した。
 来年3月から6月まではノグチゲラなどの営巣期間に当たり、それまでに3地区の工事を完了させるのが至上命令だからである。
 防衛局は3地区同時に工事を進める計画を示していたが、市民らの反対に遭いN1しか着手できていない。
 工事の初期段階ではヘリによる運搬は全体で20回程度、1日当たりの運搬回数は5回以下としており、今後もヘリの利用を念頭においている。
 大型資材の搬入に対応するため自衛隊ヘリも検討している。米軍側から飛行許可を得ており、現実味を帯びる。
 陸上では機動隊が市民らを強制排除するばかりか、作業員を工事現場に近いゲートまで警察車両で送るなど公平中立を疑わせることをしている。
 空ではヘリで重機や資材を運ぶ。すべて米軍施設建設のためである。
 住民生活と豊かな自然環境が破壊される懸念には耳を貸さず、
 権力をむき出しにして何が何でも米軍にヘリパッドを提供しようとする日本政府の対米従属ぶりを如実に示している。
 安倍晋三首相が言う「できることはすべてやる」ことの姿がこれである。
 2016年9月11日 沖縄タイムス

2016 キイロスズメバチ被害
 午前10時頃、岐阜県飛騨市神岡町で開かれた「山の村だいこんマラソン大会」のハーフマラソン部門に参加していた
 男女ランナー115人が攻撃性の強いキイロスズメバチに刺された。
 ハーフマラソンには697人が参加し、折り返し地点の手前にある橋の下にキイロスズメバチの巣があり、
 ランナーが走った振動や足音がハチを刺激し刺されたらしい。30〜40人ほどが刺された影響で途中棄権した。
 飛騨市消防本部や大会事務局によると、いずれも軽傷で、現場に待機していた医師や救急隊員らの手当てを受けた。
 うち8人は自分で病院に行き、受診した。入院者はいなかった。



忌日 命日 鬼籍

9月11日

1843
 平田篤胤(ひらたあつたね) 67歳 1843年11月2日(天保14年閏9月11日)没 1776年10月6日(安永5年8月24日)生

1926
 尾上松之助(おのえまつのすけ) 50歳 1875年9月12日

1971
 ニキータ・フルシチョフ(Nikita Khrushchov) 77歳 1894年4月17日

1976
 石橋正二郎 87歳 1889年2月25日

1978
 ロニー・ピーターソン(Ronnie Peterson) 34歳 1944年2月14日

1985
 夏目雅子 27歳 1957年12月17日生 急性骨髄性白血病

1985
 赤尾好夫 78歳 1907年3月31日

1990
 後藤紀一 75歳 1915年1月17日

1992
 郷^治 55歳 1937年5月29日生 肺がん

1994
 ジェシカ・タンディ(Jessica Tandy) 85歳 1909年6月7日

2002
 キム・ハンター(Kim Hunter) 79歳 1922年11月12日

2009
 臼井儀人(うすいよしと) 51歳 1958年4月21日生 事故死

2010
 谷啓 78歳 1932年2月22日生 脳挫傷



Google
Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.