1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
7月 文月 ふみづき July 蓮(雄弁) ルビー(情熱・威厳) 愛合月 めであひづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日は何の日 どんな日 こんな日

7月14日



パリ祭(巴里祭)、フランス革命記念日1789
  1789年7月14日、パリ市民がバスティーユ監獄を襲撃し、多くの政治犯を解放した日
  日本で「パリ祭」と呼ばれているのは、1932年製作の映画「Quatorze Juillet」(監督:ルネ・クレール 主演:アナベラ)の邦訳名が「巴里祭」だったことに因む。



ペリー上陸記念日1853
  1853年7月14日(嘉永6年6月9日)、米の黒船艦隊4隻が江戸湾の浦賀沖に現れ、ペリー提督が久里浜に上陸して将軍への親書を渡した日
  蒸気船をお茶の銘柄「上喜撰」にかけて「太平のねむりをさます上喜撰たった四はいで夜もねられず」と狂歌に詠まれるほど、江戸の街は大混乱となった。

廃藩置県の日1871
  明治4年7月14日(1871年8月29日)、藩を廃止して県を設置する詔書が出された日(廃藩置県
  明治2年6月17日(1869年7月25日)の版籍奉還で、江戸時代の藩はなくなっていたが、旧藩主がそのまま藩知事となっていた。
  明治政府は、中央集権国家を確立するため廃藩置県を断行し、各県に中央政府から県知事を派遣した。当初は3府302県あった。

求人広告の日1872
  東京日日新聞(毎日新聞)に日本初の求人広告が掲載された日

検疫記念日(厚生省→厚生労働省、日本検疫衛生協会)1961
  1879年、日本初の伝染病予防の法令「海港虎列刺病伝染予防規則」が公布された日
  虎列刺=コレラ

ひまわりの日1977
  日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がケネディ宇宙センター(フロリダ州)から打ち上げられた日

0416.08.22(允恭05.07.14)
 遠飛鳥宮(とおつあすかのみや)付近(大和)で地震
 「日本書記」に「地震」とあるのみ(日本最古の地震資料)

0866.08.27(貞観08.07.14)
 清和天皇、最澄に「伝教大師」、円仁に「慈覚大師」の諡号(しごう)を下賜(かし)

1685.08.13(貞享02.07.14)
 江戸幕府は、将軍御成りの道筋に犬猫が出歩いてもお構いなしの定めをする。
 ⇒生類憐みの令

1789
 フランス革命
 パリの群集、バスティーユ牢獄を襲撃

1865
 英の登山家で挿絵木版画家のエドワード・ウィンパー(25)、「魔の山」マッターホルンに8度目の挑戦で初登頂



1871.08.29(明治04.07.14)
 明治天皇は、廃藩置県の詔書を出す。

1910
 文部省唱歌(尋常小学読本唱歌)登場

1914
 日本初のレコードとフィルムを合成したキネトホン式短編発声映画「長唄 稚美島末広」公開

1917
 活動写真興行取締規則公布(15歳未満の児童観覧禁止・男女客席分離など)

1945
 北海道空襲
 米海軍航空母艦13隻から延べ3000機以上もの艦載機を発進させ、北海道主要都市(室蘭市、釧路市、根室市)に無差別爆撃及び機銃掃射を行ったため、
 2000人以上が死亡した。

1953
 浅利慶太、劇団四季を結成

1960
 退陣を表明していた岸信介総理、暴漢に刺され負傷

1967
 タカラ「リカちゃん人形」発売



1970
 日本の呼称を「にっぽん」に統一することが閣議決定された。
 2009.06.30
 「日本」の読み方について「にっぽん」「にほん」のどちらでも良いとする答弁書を閣議決定した。

1977
 日本初の静止気象衛星「ひまわり1号(GMS-1)」、ケネディ宇宙センター(フロリダ州)から米デルタ2914型ロケットで打上げ

1979
 バチカンとギリシャが史上初の外交関係を樹立

1993
 横浜ランドマークタワー完成

2005
 知床半島、世界遺産に登録決定
 2005.07.17
 正式登録

2008
 東京スカイツリー(Tokyo Sky Tree)着工
 2012.02.29
 竣工
 2012.05.22
 開業

2011
 福島第1原発事故(人災)
 東京電力は、福島第1原発3号機で、原子炉格納容器の水素爆発を防ぐための窒素注入を午後8時頃から始める、と発表した。

2011
 福島第1原発事故(人災)
 福島第1原発事故(人災)による健康被害について「直ちに影響がない」を連発した内閣官房長官の枝野幸男は、
 北海道電力が試験運転を続けている泊原発(後志管内泊村)3号機の営業運転再開は「再稼働」に当たらず、
 菅直人総理ら4閣僚による政治判断は不要である、と発言した。

2011
 福島第1原発事故(人災)
 九州電力は、やらせメール事件の調査結果を発表した。それによると、 前副社長・前常務(6月28日付で辞任)、佐賀支社長が指示し、
 佐賀支社に至っては賛成意見の「例文」まで作り取引会社に配るといった悪質で周到な組織的犯行であることが分かった。

 国主催の6月26日の番組に賛成意見を送るよう呼びかけられたのは、社内やグループ会社など約2900人にも上り、うち141人が実際に送ったため、
 番組に電子メールやファクスで寄せられた意見は賛成286件、反対163件となり、やらせメールで賛否が逆転した。

2011
 大関・魁皇(38)が、名古屋場所5日目、平幕・旭天鵬を破って通算勝ち星を1046勝とし、元横綱・千代の富士を抜いて歴代1位となった。

2012
 福島第1原発事故(人災)
 将来の原発比率はどれくらいがいいのか、野田佳彦政権のエネルギー・環境会議が国民の意見を聴く会が始まった。
 初回は埼玉県さいたま市で開かれ、抽選で選ばれたとされるたったの9人が、野田佳彦政権提示の2030年時点原発比率
 (1)0%(2)15%(3)20〜25%の極めて作為的な3案に関して、持ち時間がたったの8分以内で意見を述べさせられた。
 この日は、さいたま新都心合同庁舎の講堂に、事前に登録した約170人が集まった。
 入り口は、空港の手荷物検査場並みの物々しい警戒ぶりだった。
 国民的議論を深めることが目的とされるが、野田佳彦政権からは経済産業大臣の枝野幸男らが出席していたにもかかわらず意見交換もなく、
 各自が言い分を主張しただけで2時間足らずで終わってしまった。
 参加者からは、議論のあり方に厳しい批判が相次いだ。彼らは国民的議論を深めるという道具に利用された可能性が強い。
 発言者の選び方について野田佳彦政権は、登録時に意見概要を添えて申し込んだ発言希望者からコンピューターによる抽選で選んだ、
 としているが恣意的に選ばれた可能性も否定できない。
 運営を請け負っているのは大手広告代理店の博報堂で、発注者の経産省資源エネルギー庁は契約額を明らかにしていない。

2014
 福島第1原発事故(人災)
 過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発3号機で昨年8月19日に大型瓦礫(がれき)撤去した時に放射性物質が飛散し、
 20キロ以上離れた福島県南相馬市の水田を汚染した可能性がある問題で、
 東京電力は、放射性セシウムの総放出量を最大4兆ベクレルと試算していたことを明らかにした。
 しかし、「かなり大づかみな計算」として公表せず、地元にも伝えていなかった。

 東電は、福島第1原発で昨年8月のがれき撤去時に放射性物質が飛散した問題で、
 放射性セシウムの総放出量を最大4兆ベクレルと試算。
 事故後の福島第1原発から1日に放出される放射性セシウムの1万倍以上。
 ずさんな事故処理が被害を長引かせるのだ。
 
 一方、7月16日環境省の専門家会議において外部研究者が福島の健康診断の拡充を求めると、
 長滝座長は「議論したくない」とそっぽ。20mSv以下は除染せず、健康診断もせず、リスコミュだけ。
 背後には、「リスク論」を自称する中西準子氏のような主張などが背景にある。
 中西氏は、さまざまな議論をつぎはぎしながら、初期のヨウ素の被曝データがないことをいいことに、
 「内部被曝は問題にならない(P105)」といいきる恣意的データ論です。
 中西準子氏は、子どもの甲状腺検査でたくさん腫瘍がみつかると、「普通の人にわかりにくい」と否定。
 アメリカのPSA検査無用論を論拠に使うが、その後有用性のデータもあり、単純否定する人は誰もいないのに。
 さらに、中西氏は居住地については5ミリまでいい、というバナナの叩き売りで根拠薄弱。
 除染については無駄と言い、1兆円までならいい、とする。また賠償は「路線価で買い上げ」れば、いいとする。
 みな東電・経産省に都合のいい話ばかりです。これも、アイヒマン現象のひとつかも?
 中西準子の確率論的リスクの議論はますます劣化している。
 甲状腺検査無用論はデータがないのに、安全だと言ってしまうし、検査結果データがでてくると、今度は「普通の人にわからないから」無駄だという。
 そして、原発事故は、国民が賠償するのだから安上がりにしろという。こういうレベルでいいのか。
 中西氏のリスクトレードオフ論も奇妙だ。たしかに薬は、ベネフィットを受ける人と副作用のリスクを受ける人は同一だ。
 だが、原発事故の場合、賠償や除染の費用を削るベネフィットを受けるのは東電や原子力ムラで、リスクは福島に集中する。
 環境汚染問題を国民一般のトレードオフ論にすり替えている。
 金子勝 (masaru_kaneko) on Twitter

2014
 福島第1原発事故(人災)
 農林水産省は、福島県南相馬市で昨年秋に収穫されたコメから基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超えるセシウムが検出されたのは、
 過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発内の瓦礫(がれき)撤去が原因の可能性があるとみて、
 3月に東京電力に対策を要請したことを明らかにした。
 しかし、「原因がはっきりした後で説明するつもりだった」として公表せず、地元にも伝えていなかった。
 基準値を超えるセシウムが検出されたコメの中には、過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発から20キロ以上離れた水田のものも含まれている。
 東電は昨年8月19日に第1原発3号機の大型瓦礫(がれき)を撤去した。
 農水省によると、その際にセシウムが付着した粉塵が舞い上がり、南相馬市まで飛散してコメを汚染した可能性が捨てきれないという。

 昨年8月に、福島第一原発で実施したガレキ撤去で、放射性の粉じんが20キロ先の避難区域外の水田に飛散して問題になっていますが、
 京大グループの調査では50キロ先の住宅地にも飛散。6倍の1.28ミリシーベルト検出。被害を振りまく東電です。
 
 金子勝 (masaru_kaneko) on Twitter

2014
 福島第1原発事故(人災)
 運転再開の前提となる安全審査が優先的に進められている九州電力川内原発について、
 原子力の専門家などで作る「原子力市民委員会」のグループが鹿児島県庁を訪れ、
 安全対策は不十分だとして原発の再稼働に同意しないよう求める提言書を提出した。

 原子力市民委員会が鹿児島県庁を訪れ、「安全」審査を急ぐ川内原発の再稼動に同意しないよう要請した。
 受け入れ先も含めた避難計画もできていないのに再稼働を急ぐという姿勢に、福島原発事故の教訓を何も学んでいません。
 反省サル以下です。
 
 金子勝 (masaru_kaneko) on Twitter

2014
 福島第1原発事故(人災)
 任期満了に伴う滋賀県知事選挙で、自民、公明両党推薦で元経済産業省官僚の小鑓隆史(47)が敗北したことを受け、
 内閣官房長官の菅義偉は、安倍晋三自公原発推進暴走政権の原発再稼働方針に与える影響について「全くない」と強弁して見せた。

 滋賀敗北で支持率急落 始まった「反安倍勢力」の猛反撃
 楽勝だったはずの滋賀県知事選で敗北を喫した安倍官邸にショックが走っている。
 珍しく安倍首相も弱気になり、政府与党連絡会議では「十分な反省の上に立って」などと頭を下げた。
 これまで安倍首相の独裁にガマンしてきた党内の“反安倍”勢力は、ここで一気に反撃に出るハラだ。
 7月16日 日刊ゲンダイ

2014
 1972年の沖縄返還で日米両政府が交わした「密約」文書の開示を元新聞記者らが求めた情報公開訴訟で、
 最高裁第二小法廷(千葉勝美裁判長)は、原告側の上告を退ける判決を出した。
 国に開示を命じなかった二審の東京高裁判決が確定した。4人の裁判官全員一致の意見だった。
 訴えていたのは、米国側の密約文書を見つけた琉球大学教授の我部政明や元毎日新聞記者の西山太吉ら23人で、
 問題となった文書は、沖縄返還で日本側が日米間の協定で決めた金額よりも多い財政負担をすることや
 米軍用地の原状回復費を肩代わりすることなどを記したもので、
 東京地裁は文書の開示を国に命じたが、東京高裁は「探したがない」との国の主張を認めて東京地裁の判断を取り消したものの、
 「請求者側が過去のある時点で文書が存在したことを証明した後は、それが存在しないことの証明は行政側がしなければならない」
 という東京地裁は維持した。
 しかしながら、最高裁は、行政機関が「存在しない」と主張する文書の公開を裁判で求める際には、請求側がその存在を立証する責任がある、
 として東京地裁、東京高裁の判断を覆した。

 社説:沖縄密約判決 隠ぺい体質黙認するな
 米国立公文書館で写しが公開され、元外務省局長も文書への署名を認めた密約文書について、政府は存在を否定してきた。
 最高裁の判断は、政府の無責任な姿勢を黙認したに等しい。行政をチェックすべき司法の役割を果たしたとは言えない。
 もし、廃棄があったならば、誰の指示の下でなぜ廃棄されたのか、徹底的に調査するのが筋だ。
 7月15日 毎日新聞

 沖縄密約判決 「国家の嘘」を許すのか
 沖縄密約の文書は、とうとう国民の前には出なかった。最高裁はまるで情報公開の流れに逆行する初判断をした。
 戦後の重要な領土返還交渉での「国家の嘘(うそ)」を司法が隠蔽(いんぺい)するのと同然ではないか。
 7月15日 東京新聞

2015
 【脅しと公明】
 埋め立て工事に使う土砂の県外からの搬入を規制する条例が公明も賛成して可決。
 
 菅悪代官は今度は「那覇空港の第2滑走路の整備事業にも影響が出かねない」と沖縄県側に対して「脅し」です。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015
 戦争法案(安全保障関連法案)に反対する集会が、日比谷野外音楽堂であり、
 約2万人(主催者発表)の参加者は7月15日にも予定される衆議院平和安全法制特別委員会での強行採決を前に
 「強行採決は許さない」「立憲主義と民主主義を守ろう」と訴えた(主催:市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」)。
 周辺は入場できなかった大勢の人であふれた。国会周辺へのデモも行われた。

2015
 【安保法案】 強行採決、前夜
 戦争を禁じている憲法が、愚かな指導者によって、なし崩しにされようとしている。それも力づくだ。
 与党は明日(15日)にも衆院特別委員会で強行採決を目指す。その前夜、国会周辺はものものしい雰囲気に包まれた。
 日比谷野音では2万人超が参加して戦争法制に反対する集会が開かれた。(主催:9条壊すな!総がかり行動実行委員会)
 参加者は国会に向けてデモをかけた。最前列がスタートして2時間経っても、最後尾はまだ日比谷公園を出発できなかった。
 夕方には「安全保障関連法案に反対する学者の会」が、各党理事の国会事務所を訪ね、廃案を求めた。
 学者の会には9千人が名を連ねている。
 2015年7月14日 田中龍作ジャーナル

2015
 【論点ずらし】
 安倍首相は、徴兵制は憲法違反と発言。そんなの当たり前。集団的自衛権の行使容認を閣議で決定するのが憲法違反なのです。
 それに安倍首相は「合憲だと信ずる」というだけで、一切まともに答えていない。お得意の論点ずらしなのがバレバレ。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015
 安保法案 113地方議会が違憲性指摘 「慎重」「反対」300に迫る
 政府の安全保障関連法案について、少なくとも二百九十二の地方議会が「慎重」「反対」の立場の意見書を衆院に提出したことが分かった。
 このうち百十三の地方議会が法案や集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更をした昨年七月の閣議決定の違憲性を指摘。
 「今国会での成立にこだわらず、議論を尽くすべきだ」などと採決を急ぐことへの反対も百八議会に上る。 (西田義洋、木谷孝洋)
 2015年7月14日 東京新聞

2015
 相次ぐ不支持逆転…安倍首相はそれでも強行採決できるのか
 不支持が増えたのは、安全保障関連法案をめぐる強引な国会運営への反発だ。
 世論調査を受けてメディアの「安倍離れ」もあからさまだ。
 安保法案の審議は13日までに約110時間を数え、1960年以降で歴代6位の長丁場だが、審議を重ねるほど国民の不信は高まっている。
 それでも安倍首相が強行採決をするなら、内閣の命運と刺し違いになることを覚悟した方がいい。
 2015年7月14日 日刊ゲンダイ

2015
 戦争法案成立に向かう状況は誰が作ったか。もちろん民主党の野田佳彦が作った。とりわけ自爆解散によって安倍晋三の出番を作った。
 それが戦争法案まできてしまった。野田佳彦はなぜ民主党を滅ぼせたか。
 それは米国と官僚、東京の大手(「記者クラブ」)メディアが、小沢一郎の出番を葬ったからだ。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2015
 世論は安倍ハンターイ!不支持ついに逆転
 与党が、安全保障関連法案を明日15日にも衆院特別委員会で採決する構えを見せる中、
 報道各社の安倍内閣支持率調査で、不支持が支持を上回る現象が起きている。
 高い支持率を背景に続いてきた「安倍1強」の潮目は変わり、首相の政権運営が厳しさを増すのは避けられない。
 2015年7月14日 日刊スポーツ

2015
  【戦争法案】
 サンケイ新聞は、安保法制を国連決議によったイラク戦争などに公式に参戦できるようになるための法律と解説している。
 安倍首相は、官房副長官・官房長官時代の間違いを反省していない。否、イラク戦争の間違いを正当化しようとしているのだ。
 
 国連決議687(イラクに大量破壊兵器の廃棄を求める)に背いたとして、
 ブッシュ政権はイラク戦争を強行し、小泉政権は「新しい国連決議なしにイラクを攻撃できる」とした。その口実は嘘であった。
 だが、アベはいまだに間違いを認めていない。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015
 年金情報「流出なし」誤回答 10万件データ入力ミス
 日本年金機構から年金情報が流出した二千四百四十九人に、機構が誤って「流出していない」と答えた問題で、
 機構は十三日、流出対象者かどうかを確認するシステムに、約八万六千人分、計約十万件の基礎年金番号の入力漏れがあったと明らかにした。
 誤回答は、機構側で問い合わせを受けた際、端末に表示されるはずの警告が出なかったことが主な原因だった。
 2015年7月14日 東京新聞

2015
 新国立も顔負け…NHKは受信料で「3400億円」豪華社屋計画
 元NHK職員で「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志氏(船橋市議)が言う。
 「NHKの累積黒字は現在2000億円にも達し、『受信料が余っているなら視聴者に還元しろ』という声が出るのは時間の問題でした。
 そこで予算を使い切るために出てきたのが建て替えだったのです。『免震機能の強化』も『8Kスーパーハイビジョン対応』も、後付けの理由です」
 実際、2011年度末にプールされていた「繰越金」1441億円のうち400億円が、2012年度予算でこっそり「建設積立金」に組み替えられた。
 「NHKは黒字になった予算は視聴者に還元すべき。自分たちの豪華な新社屋の建設に充てるのはおかしい」(立花孝志氏)
 2015年7月14日 日刊ゲンダイ

2015
 【世論調査 新国立競技場「納得できない」81%】
 NHKの世論調査で、新しい国立競技場を、当初よりおよそ900億円多い2520億円をかけて建設する計画に納得できるかどうか尋ねたところ、
 「納得できる」と答えた人は13%、「納得できない」と答えた人は81%でした。
 NHK科学文化部(@nhk_kabun)さん | Twitter

2015
 それにしても、明日15日の国会中継、NHKは「予定なし」。まさかと思ったが、まさかだった。信じがたい。
 本当に中継しなければ、公共放送として自殺行為だ。強行採決を国民に見せたくない意図がうっすらと、いや、はっきりとわかる。
 今からでも遅くない。中継すべし。
 三宅雪子(元衆議院議員) (@miyake_yukiko35) | Twitter

2015
 ザ・ベンチャーズのドン・ウィルソン(82)が、自身最後となるベンチャーズ日本ツアーに出演するため成田空港着の航空機で来日した。
 ベンチャーズは、昨年結成55周年を迎えた。約半世紀にわたる日本公演は、3000回を超えた。
 ドンは、最後のオリジナルメンバーとしてベンチャーズをけん引してきたが、
 80才を超えてなおハードスケジュールをこなす体力の持続が難しくなったとして、ツアーから離れることになった。
 今後もベンチャーズとしての活動は継続するという。

 ついに最後のツアーが始まるね。毎年こうやって日本に来てるけど、これで最後になるなんて本当に実感がわかないよ。
 とにかくショーは精いっぱい頑張るよ!みんな見にきてね!
 ドン・ウィルソン

2015
 日本列島は本日も気温が高い状態が続き、全国928の観測点のうち99カ所で最高気温が35度以上の猛暑日となった。
 最も暑かったのは群馬県館林市で39.3度。
 少なくとも全国で計820人が熱中症とみられる症状で搬送され、うち高齢者3人が死亡した。
 最高気温30度以上の真夏日は47都道府県全てで記録し、600カ所に上った。
 福島県伊達市39.1度など、観測史上最高を記録した地点も出た。

2015
 2006年に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ」が、午前7時49分(日本時間午後8時49分)、
 準惑星「冥王星」に最接近し、9年半の旅の目的地に到達した。
 水星から海王星までの太陽系惑星は全て探査機による探査が実施されているが、冥王星の接近観測は史上初めて。
 冥王星は無数の天体が密集し「カイパーベルト」と呼ばれる太陽系外縁部に属する「準惑星」で、
 今回の探査は太陽系に残された未知の領域に向けた出発点となる。

2015
 米航空宇宙局(NASA)は、午後9時頃(日本時間7月15日午前10時頃)、準惑星「冥王星」に最接近した無人探査機「ニューホライズンズ」から、
 初の接近観測が成功したことを知らせる信号が地球に届いた、と発表した。





忌日 命日 鬼籍

7月14日

1827
 ジャン・フレネル(Augustin-Jean Fresnel) 39歳 1788年5月10日

1950
 三淵忠彦 70歳 1880年3月3日

1969
 坂本繁二郎(さかもとはんじろう) 87歳 1882年3月2日

1986
 レイモンド・ローウィ(Raymond Loewy) 92歳 1893年11月5日

1996
 君島一郎 67歳 1929年2月27日

1999
 山花貞夫 63歳 1936年2月26日生 急性心不全

2001
 石川利光 87歳 1914年2月3日

2008
 大野晋(おおのすすむ) 88歳 1919年8月23日生 心不全

2014
 深田祐介 82歳 1931年7月15日生 肺炎



Google
Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.