1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
3月 弥生 やよい March 桜(精神美) ブラッド・ストーン(勇気・知性) 櫻月 さくらづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日は何の日 どんな日 こんな日

3月31日

エッフェル塔の日1889
  パリのシャン・ド・マルス広場でパリ万博のシンボルであるエッフェル塔(高さ320m)の落成式が行われた日

教育基本法・学校教育法公布の日1947
  教育基本法と学校教育法が公布された日
  公布の翌日から施行され、学校教育の6・3・3・4制が発足した。

オーケストラの日日本オーケストラ連盟)2007
  「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」(耳に良い日)の語呂合せと、
  春休み期間中であり親子揃ってイベントに参加しやすいことから一人でも多くの人々がオーケストラの音楽に親しみ、
  オーケストラをもっと身近に感じてもらうきっかけを創るために制定した。

1617.04(元和03.03)
 江戸幕府、庄司甚内の願い出により日本橋葭原(日本橋人形町)の地に吉原遊郭を許可(元吉原
 明暦の大火後、浅草寺裏の日本堤に移転(新吉原

1814
 ナポレオン戦争
 連合軍(同盟軍)、パリに入城
 04.06
 ナポレオン退位
 エルバ島の小領主として追放

1876
 三井銀行、大蔵省より名称公許
 初の民間銀行誕生
 前身は、三井両替店で1683年6月(天和3年5月)創業
 創業者は、三井財閥の祖・三井高利
 07.01
 私盟会社「三井銀行」創立

1879
 琉球処分
 明治政府、廃藩置県のため琉球処分官の松田道之を琉球に派遣し、首里城を接収
 琉球王国消滅

1889
 フランス革命100周年を記念して開催された第4回パリ万国博覧会のシンボルであるエッフェル塔(鉄の貴婦人)が完成した。

1920
 山田耕筰と近衛秀麿、日本作曲家協会を設立

1927
 村山貯水池(多摩湖)完成

1938
 東京駅構内の人力車が廃業した。
 1914年12月18日の東京駅開業時には200台の人力車があった。

1941
 朝鮮総督府、国民学校規定を公布して、朝鮮語の学習を禁止

1947
 教育基本法・学校教育法公布
 6・3・3・4制が発足

1947
 貴族院停会

1949
 東京消防庁、119番を設置

1951
 改正結核予防法公布
 BCGが強制接種に

1963
 吉展ちゃん誘拐殺人事件
 午後5時40分頃、工務店経営者の村越繁雄(34)の長男・村越吉展(4)が、自宅近くの入谷公園(東京都台東区)に遊びに出掛けて行方不明になる。

1966
 日本の人口、1億人を突破

1970
 よど号ハイジャック事件(日本初のハイジャック事件)
 羽田空港発板付空港(福岡空港)行きの日本航空351便(ボーイング727-89型機 乗員7人 乗客131人)が赤軍派9人によってハイジャックされた。
 乗客の中には、医師の日野原重明(58)らがいた。

1970
 八幡製鐵と富士製鐵が合併し、新日本製鐵(世界最大の鉄鋼メーカー)誕生
 資本金2293億6000万円

1972
 横浜市営トロリーバス廃止(最後のトロリーバス)

1981
 ピンク・レディー、後楽園球場で解散コンサート

1987
 国鉄分割民営化
 国鉄、114年5カ月の歴史に幕

1987
 三井物産マニラ支店長誘拐事件
 三井物産マニラ支店長の若王子信行、ケソン市内で無事に保護(137日ぶりに解放)

1998
 山一證券、自主廃業に伴い営業を終了

2000
 有珠山、23年ぶりに噴火

2000
 SPEED(島袋寛子、今井絵理子、上原多香子、新垣仁絵)解散

2001
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)オープン

2001
 東京駅の赤帽、87年の歴史に幕

2002
 向ヶ丘遊園閉園
 1927.04.01
 開園

2006
 神戸ポートピアランド閉園
 25年の歴史に幕

2008
 KDDI、ツーカー(TU-KA)の携帯電話サービスを終了

2010
 現行の市町村合併特例法が期限切れで、国主導で市町村再編を進めてきたた「平成の大合併」が終結した。
 全国の市町村数は、大合併が始まった1999年4月当時の約半分1727となった。

2011 福島第1原発事故(人災)
 経済産業省原子力安全・保安院は、福島第1原発の放水口付近で3月30日午後に採取した海水から、基準値の4385倍の放射性ヨウ素131を検出した、
 と発表した。

2011 福島第1原発事故(人災)
 東京電力は、福島第1原発1号機の建屋近くにある地下水の排水設備の水から、
 原発敷地境界の法定限界値の約1万倍の濃度にあたる放射性ヨウ素131を検出した、と発表した。
 地下水の放射能汚染が確認されたのは初めて。

2011 福島第1原発事故(人災)
 厚生労働省と福島県は、福島第1原発から約70キロ離れた天栄村産の牛1頭の牛肉(もも肉)から、
 国の暫定基準値(1キログラムあたり500ベクレル)の1.02倍の放射性セシウムが検出された、と発表した。
 同原発の事故後、食肉で基準値を超えたのは初めて。

2011 福島第1原発事故(人災)
 東日本大震災の発生から24〜48時間後に福島第1原発の北西方向にいた人は、ほかの地域の人に比べ、
 風向きの影響で多くの量の放射線を浴びた恐れがあるとする報告書を、米シンクタンクの科学国際安全保障研究所(ISIS)が発表した。
 外に出るなどしていた人は、菅直人政権の避難指示の対象となった第1原発の半径20キロ圏の外でも、これに接触した恐れがあるという。
 大気中への大規模な放射性物質の放出は3月19日までで、その後は大幅に減少したものの、
 放水作業によって海水や地下水への放射性物質漏洩が増えたとしている。

2012 福島第1原発事故(人災)
 東日本大震災で発生した瓦礫(がれき)の受け入れに理解を求めるため、環境大臣の細野豪志が、JR京都駅前で街頭演説を行ったものの、
 受け入れ反対派が、300人以上も押し寄せ、会場は騒然となり、途中で演説を打ち切らざるをえない状況に追い込まれた。
 「帰れ、帰れ」 「人殺し、人殺し」 「子供を守れ、守れ」の声…
 「放射能バラマキ反対」 「がれき拡散こわい あなた達の 安全を確認 もう信じられません」のプラカード…

2012
 歌手の郷ひろみ(56)が、元プロ野球選手の徳武定祐(73)の次女・元タレントで大手化粧品メーカーに勤務する徳武利奈(32)と3度目の結婚をした。

2013 福島第1原発事故(人災)
 文部科学省は、元原子力規制庁審議官の名雪哲夫を山形大学に出向させる人事を発表した。
 名雪は、1月、日本原子力発電敦賀原発(福井県)の断層調査をめぐり、原子力規制委員会の調査団が評価会合を開く前に、
 日本原電の求めに応じて報告書原案を渡した。また内規に違反して1人で日本原電側と面会していた。
 規制庁は、2月1日付で名雪を訓告処分とし、出身官庁の文科省に出向させていた。

2014
 フジテレビ「森田一義アワー 笑っていいとも!」が、1982年10月4日の放送開始から31年半に及んだ歴史に幕を下した。
 単独司会者による生放送のギネス長寿記録を持ち、全国のお茶の間で昼の「定番」となった名物番組は、この日が8054回目だった。
 最後の「テレフォンショッキング」には、ビートたけし(67)が羽織はかま姿で登場した。
 番組の最後は、タモリが、いつも通り、「あしたも見てくれるかな」の決め台詞で締めくくった。

2014 NHK不祥事
 NHKの2014年度予算は参議院本会議で、与党(自民党・公明党)と一部野党(みんなの党)の賛成多数により可決、承認された。
 全会一致とならなかったのは、2006年度以来8年ぶり。
 民主党をはじめとした野党各党は従軍慰安婦などをめぐるNHK会長の籾井勝人(もみいかつと)の発言を問題視して反対したが、
 与党は消費税増税に合わせた受信料値上げのために3月中の国会承認が不可欠だと訴え、最終的に野党も応じた。

2014
 日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとして反捕鯨国のオーストラリアが中止を求めた訴訟で、
 オランダ・ハーグの国際司法裁判所は、日本の現在の調査捕鯨は条約に違反すると認定し、今後、実施しないよう命じる判決を言い渡した。

2015 福島第1原発事故(人災)
 作業停止の福島第一 休業補償 払わず混乱
 東京電力福島第一原発で死傷事故が相次ぎ、一〜二月に二週間以上も作業が止まった。
 この間の作業員への休業補償について東電は当初、待機分などは支払わないとしていたが、
 不満を募らせた作業員が労働基準監督署に駆け込む事態も発生。
 東電は一転して元請けの請求に基づき、待機分の賃金も支払うことになった。 (片山夏子)
 <福島第一原発での死傷事故> 昨年3月、掘削作業中の作業員が崩れた土砂に埋まり死亡したのを皮切りに、
 前年に比べ3倍のペースで死傷事故が急増した。
 9月、タンク上部から落下したパイプが当たり骨折したほか、高圧ケーブルの接続作業中に感電。
 11月にはタンク増設工事で390キロの鋼材が落下し、3人が重軽傷を負った。
 今年1月には、タンク設置工事で天板から転落し死亡。
 福島第二や柏崎刈羽原発でも死傷事故が起き、東電は敷地全体の作業を止めた。
 2015年3月31日 東京新聞

2015 福島第1原発事故(人災)
 【やらせ】
 4月の関電の企業向け電気料金再値上げについて関経連が会員企業にアンケートを実施。
 回答した205社の約75%が「利益減少」と予想、約52%が「原発の早期再稼働」と回答。
 関経連会長は森関電会長。公的資金注入すべき犯人のやらせ調査。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015 福島第1原発事故(人災)
 いま一度「再稼働に経済的根拠なし」 大島堅一教授に聞く
 原子力規制委員会は三十日、九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に向け、使用前検査を始めた。
 九電はすでに七月からの発電開始、八月には営業運転に入ることを発表している。
 政府はこの間、「再稼働抜きには日本経済は立ち行かない」と宣伝してきた。
 しかし、立命館大の大島堅一教授(環境経済学)は「まったくの虚構」と反論する。
 危機のあおりは、かつての「安全神話」に通じる。 (上田千秋)(3月31日 紙面から)
 東京新聞 特報


2015 福島第1原発事故(人災)
 政府は、近年中に発生が予想される南海トラフ巨大地震が発生した時に、
 被災者の生死を分ける「72時間」以内に最大で14万人の救助隊を現場に向かわせる計画を作ったと発表したが、
 この計画には「原発事故」が想定されていない。浜岡原発や伊方原発が爆発したら救助隊など派遣できない。
 政府は、南海トラフ巨大地震の発生を想定しているのなら、どうして浜岡原発や伊方原発を閉鎖して廃炉にしないのか?
 最も危険なこれらの原発の再稼動を進めながら南海トラフ巨大地震の対策を練るなんて、やってることがトンチンカンすぎる。
 昨年4月発表の静岡県の試算によると、南海トラフ巨大地震が発生して浜岡原発が重大事故を起こした場合、
 原発の半径31キロ以内に住んでいる86万人が避難するのに32〜46時間かかるので、全員、間に合わずに被曝する。
 そして高濃度の放射性プルームは約8時間で東京まで到達する、とのこと。
 福島第1原発が事故を起こさなければ、東北の復興は遥かに早く進んでいた。避難者の人数も半減していたし、風評被害も生まれなかった。
 汚染水対策や除染に掛かっている莫大な費用もすべて復興のために使えたはずだ。
 昆虫レベルの学習能力があるのなら政府は浜岡原発と伊方原発を1日も早く廃炉にしろ。
 きっこ (@kikko_no_blog) | Twitter

2015 福島第1原発事故(人災)
 昨年1年間に世界中で建設された太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーによる発電の容量は過去最高の1億300万キロワットに上った
 との調査報告書を国連環境計画(UNEP)などが発表した。
 再生可能エネルギーへの世界の年間投資額は約2700億ドル(約32兆4千億円)に達し、前年比約17%と急伸した、
 固定価格買い取り制度で急増した日本の太陽光発電への投資も、これに貢献したと評価された。

 地球温暖化対策としても重要な再生可能エネルギーが、世界の電力供給にとって、なくてはならないものとなっている。
 国連環境計画(UNEP)事務局長のアヒム・シュタイナー

2015 辺野古新基地建設
 米軍普天間飛行場移設に伴う新基地建設計画が進む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、
 基地建設に抗議していた市民の男性1人が、機動隊に公務執行妨害容疑で逮捕され、名護署に連行された。
 市民らは、名護署前で手をつないで同署を包囲しながら「不当拘束をやめろ」「市民を裏切るな」などとシュプレヒコールを上げた。

2015 辺野古新基地建設
 辺野古 停止指示失効 国が申し立て、国が審査 沖縄県の不信増大
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)への移設問題で三十日、
 翁長雄志(おながたけし)知事による作業停止指示の効力が停止された。判断を下したのは林芳正農相。
 防衛省沖縄防衛局の訴えを、同じ政府組織である農相が認めるという構図が、県側の国への不信を増大させている。 (後藤孝好、金杉貴雄)
 2015年3月31日 東京新聞

2015 辺野古新基地建設
 <社説>農相効力停止決定 まるで中世の専制国家 民意無視する政府の野蛮
 いったい今はいつの時代なのか。歴然と民意を踏みにじり恬(てん)として恥じぬ政府の姿は、中世の専制国家もかくや、と思わせる。
 まして民主主義の国とは到底思えない。もっと根源的にいえば、この政府が人権意識をかけらでも持っているか疑わしい。
 この肩書は悪い冗談としか思えないが、菅義偉官房長官は「沖縄基地負担軽減担当相」である。
 この人物の常套句(じょうとうく)は「法治国家」だが、農相の決定は、この国が「法治国家」としても機能不全であることを示している。
 国は、工事停止で作業が遅れれば「日米の信頼関係に悪影響し、外交・防衛上の損害が生じる」と主張する。
 辺野古移設は、地元では反対を掲げる市長が再選され、市議会も反対が多数を占め、反対の翁長氏が知事に当選し、
 衆院選は反対派が全小選挙区で勝利した。民主主義の観点から沖縄はこれ以上ない明確さで意思表示している。
 国は前知事の承認を大義名分とするが、公約破りに民主主義上の正当性はない。
 昨年の知事選で、前知事が現職としては前代未聞の大差で敗れたことからもそれは明らかだ。
 その民意を踏みにじり、度重なる知事の面会要求すら拒み続けて移設を強行する政府の姿は、何と野蛮であろうか。
 常識的に考えて、国土のわずか0・6%の沖縄に米軍専用基地を74%も押し込め、戦後70年を経てもなお続けようとするのは人道上も許されない。
 それが限界に来ている事実を政府は直視すべきだ。
 2015年3月31日 琉球新報

2015 辺野古新基地建設
 【犯人と裁判官】
 翁長沖縄県知事は、県知事の工事許可取り消し権限を一時停止する林農相の決定を批判。
 その通り。国(沖縄防衛局)=犯人の申し立てを、同じ国(農水省)が認める手続きは、裁判官と犯人を兼ねているようなもの。
 独裁国家特有のやり方。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015 アベ自民不祥事
 【地方から】
 民主主義の危機は政治家の劣化にまず現れる。
 埼玉県蓮田市で、衛生組合の30代の男性職員に対して土下座を強要した山口博史市議が辞職。ゴロツキみたい。
 泣き出したり、アイヌはいない発言など。安倍暴走を支える末端の地方議員もひどい。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015 アベ自民不祥事
 【国会も】
 金まみれ内閣は結局、全員居座り。
 支える国会議員もひどい。失言暴言満載の片山さつき参議院議員が、今度は参議院外交防衛委員会の理事懇に遅刻。これで4度目だそうだ。
 集団的自衛権は閣議決定でやるから、国会なんか軽視でいい?
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015 弱者切り捨て アベ政権
 【犯人のよびかけ】
 安倍総理が「子供の貧困対策」として、民間資金を核とした基金を創設し、すぐれた取り組みを表彰する新たな総理大臣表彰を設けるという。
 国の政策(社会保障切り捨て)で子供の貧困を作る犯人が、民間に被害者救済を呼び掛けるバカさ。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015 アベノミクス
 アジア投資銀 国際金融秩序の転換か
 中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は日米を除き、先進国から新興国まで広範な参加となる。
 米国内では外交上の判断ミスとの声が上がり、日本もアジアでの存在感低下の懸念がある。
 基軸通貨「ドル」と世界銀行、国際通貨基金(IMF)を中心として米国が主導してきた戦後の国際金融秩序は歴史的転換点を迎えるかもしれない。
 米国偏重で「アジアで孤立化」した日本が、アジアのリーダー的な地位を中国に奪われつつあることは明らかである。
 中国がAIIB創設に動いたのは、IMF改革で中国の出資比率増加が二十カ国・地域(G20)で五年前に合意したのに
 米連邦議会の反対でいまだに実現していないことへの反発からである。
 新興国の参加が相次いだのも米国支配体制への不信が高まっているからとみられている。
 2015年3月31日 東京新聞 社説

2015 アベノミクス
 中国が設立を主導している国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、創設メンバーとなるための申請期限を迎えた。
 発展途上国の支援で既存の枠組みを支える日米両国が参加表明を見送る一方、
 欧州主要国を含む46カ国が名を連ね、中国の求心力が浮き彫りになった。

2015 アベノミクス
 中国主導アジアインフラ投資銀行 日本が包囲される事態招く
 AIIBを主導する中国の狙いについて、第一生命経済研究所の西濱徹・主任エコノミストが解説する。
 「中国経済はいま、過剰生産・過剰在庫の問題を抱えている。
 共産党政府は生産能力の削減を進めているが、それが雇用減少につながることが新たな社会問題を招くと警戒しています。
 打開への早道は輸出拡大で、AIIBはそのために構想された。
 今後の経済成長が見込まれる地域に触手を伸ばす新たなツールを作ろうとしているのです」
 さらに、上武大学ビジネス情報学部教授の田中秀臣氏はこう指摘する。
 「アジア全域では毎年7500億ドル(約90兆円)にのぼるインフラ需要があるといわれている。それを取り込む狙いです。
 AIIBは本部を北京に置き、総裁も中国人が想定されています。また、中国は最大の出資国となる見込みで、大きな発言権を握ることになります」
 日本がアメリカに大幅譲歩して進めているTPP(環太平洋経済連携協定)による「中国囲い込み」は粉砕され、
 逆に中国の勢力が増して日本が包囲される事態を迎えつつある。
 ※週刊ポスト2015年4月10日号

2015 記者クラブ クロスオーナーシップ 言論弾圧 アベ政権
 古賀茂明氏だけじゃない TVから一掃された“反政権”言論陣
 この春の番組改編で、民放各社の報道・情報番組のコメンテーターから、安倍政権に批判的な論客は静かにほぼ一掃された。
 今や、反安倍論客はテレビ界の「絶滅危惧種」といってもいいほどだ。
 報ステでは、月〜木曜のコメンテーターだった朝日新聞の恵村順一郎論説委員も3月いっぱいで降板する。
 昨年9月放送の慰安婦問題の検証で、「慰安婦問題は消すことのできない歴史の事実」とコメントしたのが、
 同10月のテレ朝の番組審議会で「ちゃぶ台返し」と非難された。ちなみに、審議会委員長の見城徹・幻冬舎社長は安倍首相の「メシ友」だ。
 また、古賀氏と同じく「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明・宣言」の賛同人である精神科医の香山リカ氏も、
 3月をもって9年続いた日本テレビ系「スッキリ!!」のコメンテーターから外れた。
 香山氏は昨年、安倍首相の集団的自衛権の行使容認会見を「欺瞞的」と切り捨てていた。
 ほかにも、安倍政権の解釈改憲を真っ向から批判している作家のなかにし礼氏や、
 「秘密保護法は戦争できるようにするための法律」と喝破したジャーナリストの鳥越俊太郎氏。
 原発事故後に東電と国の原子力行政を批判してきたジャーナリストの上杉隆氏や岩上安身氏らも、地上波から完全に姿を消してしまった。
 「私も民放キー局から、だいぶ干されています」と打ち明けるのは、経済アナリストの森永卓郎氏だ。
 森永氏はアベノミクスに否定的な立場を明確にしている。
 かくして報道・情報番組のMCやコメンテーターには、ジャニーズのタレントやよしもと芸人ばかりが増えていく。
 今のテレビは「言論の自由」を自らの手で握り潰している。
 2015年3月31日 日刊ゲンダイ

2015 記者クラブ クロスオーナーシップ 言論弾圧 アベ政権
 事実無根じゃない! 菅官房長官が古賀茂明を攻撃していた「オフレコメモ」を入手
 明らかに、「放送法違反」という言葉で古賀氏と『報道ステーション』を攻撃しなから、平気で「事実無根」などと強弁する。
 捏造と謀略による報道弾圧を繰り返してきた安倍政権の官房長官ならではの手法といえるだろう。
 しかし、信じられないのが、マスコミの対応だ。彼らはこのオフレコ懇談の席に同席し、誰よりも菅官房長官が嘘をついていることを知りながら、
 なんの追及もせずに、「事実無根」発言を垂れ流していたのである。
 もっとひどいのが、当事者である『報道ステーション』だ。
 菅官房長官の会見やその後のオフレコ懇談には、当然、テレビ朝日の担当記者も出席しており、同様のメモが報道局全体で共有されていた。
 ところが、昨晩の『報道ステーション』では、そういう報道は一切なかった。
 しかも、30日の会見VTRからは、わざわざ菅がテレビ朝日に圧力をかけた傍証となる
 「放送法という法律があるので、まずテレビ局がどう対応されるかを見守りたい」をカットしていた。
 チーフプロデューサーの更迭で4月から番組そのものが大きく変わるといわれている『報道ステーション』。
 改編を前にすでに報道を捨てたということなのだろうか。
 (山水 勲)
 2015.03.31 LITERA(リテラ)

2015 記者クラブ クロスオーナーシップ 言論弾圧 アベ政権
 テレビ朝日会長の早河洋は、定例会見で、
 「報道ステーション」に出演した元経済産業省官僚の古賀茂明が自身の降板をめぐり総理官邸などを批判し、
 キャスターの古舘伊知郎と口論になったことについて「予定にないハプニングで遺憾に思う。視聴者の方におわびしたい」と謝罪したが、
 「官房長官をはじめ、官邸の皆さんからバッシングを受けてきた」という古賀発言にも「私にも社長にも圧力めいたものはなかった」と否定した。

2015 記者クラブ クロスオーナーシップ 言論弾圧 アベ政権
 報ステ「古賀の乱」…背後にテレ朝会長の思惑
 テレ朝は朝日新聞社系列であり、歴代社長は朝日新聞から迎えていたが、2009年、初めてプロパーから社長に就任したのが早河氏だった。
 「報道ステーション」の前身である久米宏キャスターの「ニュースステーション」の初代プロデューサーとして評価が高かった早河氏は、
 「数字の取れる番組作り」に注力、ゴールデンタイム(19〜22時)で視聴率1位を成し遂げるなど実績を残した。
 しかし、朝日新聞色は消せない。昨年7月、新社長には朝日新聞編集担当上席執行役員の吉田慎一氏が就き、早河氏は会長となるが、
 朝日新聞社内には「強過ぎる早河の権限を削ぐべき」という動きがあった。
 それを跳ね除けて代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)の地位を確保した早河氏は、政権の後ろ盾が必要と意識、
 もともと親しかった安倍晋三首相との関係を深めた。
 古賀氏は、早河会長の「安倍政権への擦り寄り」が、反原発を鮮明にする「報道ステーション」の路線変更を及ぼしたと認識。
 それがチーフプロデューサーの異動、朝日新聞の恵村順一郎コメンテーターの退任、そして「古賀切り」につながったと、読んだ。
 批判はあるが、古賀氏が意地を張り、最後に報道番組の裏の権力構図を見せたのは、それはそれで功績と言えるのではないだろうか。
 伊藤博敏ジャーナリスト。1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。
 2015年3月31日 DMMニュース

2015 記者クラブ クロスオーナーシップ 言論弾圧 アベ政権
 報ステで3月27日に起きた混乱についてテレビ朝日の早河会長は「皆さま(視聴者)にお詫びしたい」と話したが、認識違いも甚だしい。
 視聴者は実態が明らかになって感謝しているのだ。こんな汚い裏があったのか、古舘って表の顔と素顔がこんなに違うのか、と。
 田中龍作 (@tanakaryusaku) | Twitter

2015 記者クラブ クロスオーナーシップ 言論弾圧 アベ政権
 昨夜の報道ステーション。
 どんな芝居を打つかと見ていたら、「ニュースと関係のないコメントをしたことを防げなかった」として、古舘伊知郎が謝罪した。
 誰に向かって? あれは国民に向かって謝罪したのではない。「事実無根」と恫喝した菅官房長官に向かって、謝罪したのだ。
 現在は、東京の大手メディアを批判することが非常に重要になっている。もともと日本のメディア論は、政治論であり、権力論であった。
 対米隷属の政権は、東京の大手メディアによって守られているからだ。
 現在の頻繁な、総理とメディア幹部との会食も、既得権益支配層で統治を話し合っているのである。
 報道ステーションの位置づけは、もともとエンタテインメントとしての左翼、娯楽としての左翼、通俗としての左翼ということだった。
 この安全性をもっとも期待していたのは政権なのである。かれらはプロレスを見るように報ステを見ていた。
 そこに本気の古賀茂明が出てきたものだから、慌てたのである。
 こんばんは。ブログを更新しました。今回の、古賀茂明が政権批判で報道ステーションを降ろされた事件で、
 朝日並びに既得権益支配層が一番痛かったのは、朝日のリベラル左派という虚構が失墜したことだ。
 「報道ステーションはダブルスタンダードの深化へ」
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2016 福島第1原発事故(人災)
 過酷事故(レベル7)を起こした東京電力福島第1原発で放射能汚染水対策として運用が始まった「凍土遮水壁」について、
 施工を担当した大手ゼネコンの鹿島建設は、これまでに約2200人が作業に従事し、平均被曝線量は15.3ミリシーベルトだった、と発表した。
 鹿島によると、1人当たりの被曝は年38ミリシーベルト未満を目指したが、2014年度は18人、2015年度は3人が目標値を上回った。
 最も高かった人は約2年間で66.24ミリシーベルトだった。

2016 福島第1原発事故(人災)
 東京電力は、過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発1〜4号機を取り囲むように地盤を凍らせる放射能汚染水抑制対策
 「凍土遮水壁」の建屋海側(東側)などの先行凍結を始めた。
 3月30日に原子力規制(危険)委員会の認可が出た海側全面と山側(西側)の95%を3カ月余りかけて凍らせる。
 凍土壁は長さ約1,5キロ、深さ約30メートルの壁を地中に築き地下水の流れを遮断する、
 世界的にも例のない大規模工事で実現性や効果が未知数のままだ。

2016 戦争法 特定秘密保護法 憲法違反 アベ政権
 結局、自公政権は野党が共同提案した安保法廃止法案を審議せず。
 参議院選挙前の争点隠しのために、立憲主義を壊すとして提出された安保法廃止法案はまともに国会で議論されないままですます。
 なし崩しというナチスの手法は民主主義の危機そのものです。
 
 衆議院の情報監視審査会は、特定秘密保護法の運用改善を求めたが、政府は詳細な説明を拒否した。
 国会は適否の判断もできない。政府は何をしても特定秘密保護に指定してしまえば、国会で何も議論しないで済んでしまう。
 ナチスへの道1歩ずつ。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016 特定秘密保護法 憲法違反 アベ政権
 (記者会見で秘密保護法の「情報監視審査会」の報告書について問われ)
 国権の最高機関である国会が「監視機構」を作っても、政府が抵抗して何が秘密かも明らかにしない。
 これは行政権力がノーチェックの暴走状態になっており、憲法違反状態がここでも作られているということだ。
 秘密法は廃止しかない。
 野党提出の安保法制廃止法案を速やかに審議することを強く求める。
 首相は法案強行の際、「国民の理解を得られていないのは事実」と認め、「今後も丁寧に説明していく」と約束したではないか? お忘れか?
 憲法の根幹に関わる大問題だ。国民の前で堂々と審議し、問題点を徹底的に明らかにすべきだ!
 志位和夫 (@shiikazuo) | Twitter

2016 アベノミクス
 参院選前の露骨なバラマキ
 ★16年度当初予算が29日に参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決成立した。
 首相・安倍晋三は会見で、
 「予算の早期成立こそ、最大の経済対策と申し上げてきた。早期執行が必要だ。可能なものから前倒しし実施するよう財務大臣に指示する」
 と約6兆円の公共事業関係費などを中心に執行時期を前倒しする。今すぐ執行しても、参院選までにその6兆円が国民の隅々まで流れるかどうか。
 首相が急ぎたいのも無理はない。政府は直ちに補正予算を組んで追加の経済対策の発表を行うだろう。
 その中には低所得者の若者向けの商品券の配布などが含まれるといわれている。18歳に投票権を与える年に露骨なバラマキだ。
 ★8%に消費税を上げた後、景気は全く良くならない。そういうとさまざまな数字を出してきて反論の向きもあるだろう。
 消費税アップ以降国民の消費は全く上向かず、日銀が春闘の時期にマイナス金利を打ち出せば、金融機関のベアが上がるはずもなく、
 今春の春闘は昨年の実績も大幅に下回った。企業の内部留保は膨らむばかりだ。
 消費を支えたのは中国からの観光客の爆買いであって、国民の財布が緩んだわけでもないし、企業の設備投資が進んだという話も聞かない。
 ★つまりアベノミクスの失敗を認めたくないために時間稼ぎし、選挙をやり過ごそうとしているのだろう。
 消費税10%アップの再延期は聞こえはいいが、アベノミクスの断末魔を見る思いだ。
 増税を好む国民はいないが、目先のバラマキで政府を信用するほど国民は鈍感ではない。
 2016年3月31日 日刊スポーツ 政界地獄耳

2016 アベノミクス
 増税延期で同日選、増税はみんな嫌だから絶対有利になる!こんなことを自民党参議院幹部がいうくらい毎日毎日はしゃぐ様子が報道されている。
 総理が「経済で結果を出す。消費増税再延期はしません!」と解散選挙してからまだ一年ちょっと・・。
 正に選挙だけ。「経済」も「生活」もその頭の中にはない。
 安倍総理は「景気は7分咲き」と昨日言った。
 仮に景気が七分咲きなら、なんで海外から慌てふためいて経済学者を呼び、なんで消費増税延期を中心課題とするのか。
 なんでGDPはマイナスで、なんで実質賃金がマイナスのか。なんで株価が大暴落し、低迷したままなのか。
 もはや完全な誇大妄想の域だろう。
 一方では「景気は良いんです!」と言ってアベノミクスを誇らしげに語り、
 一方では 「景気が悪い」と言って消費増税延期で衆参同日選挙をしようとする。
 結局、選挙に有利かどうかでこの国の景気判断は決まるということ。
 こんな意味不明で馬鹿馬鹿しい景気判断も政権運営もない。今に誰も信じなくなる。
 大体、日銀総裁がいくら「マイナス金利は効果がある」と言ったって、
 異常な異次元緩和でジャブジャブやれば物価は上がり給料も上がると散々言っておいて、3年経ってこの状態なのだから、みんな信じるわけがない。
 もはや「政策の説得性」という観点からも深刻。正に「アベノミクスという虚構」の象徴。
 小沢一郎(事務所) (@ozawa_jimusho) | Twitter

2016 アベノミクス
 安倍首相赤っ恥 クルーグマン教授が極秘会合の中身を暴露
 極秘会合の中身をすべて暴露されてしまった。それも当事者に――。
 安倍首相が増税延期の“お墨付き”を得ようとして開いた「国際金融経済分析会合」。
 マスコミ取材は冒頭のみの非公開会合だったのに、
 今月22日の第3回会合に招かれたノーベル賞学者のクルーグマン・ニューヨーク市立大教授が詳細な英文の議事録をネットにアップしてしまったのだ。

 安倍首相が「これはオフレコで」と念押しした発言までバラされ、官邸は大慌てだ。
 〈ポール・クルーグマン‥日本政府との会合 16年3月22日〉
 こう題された英文の議事録はA4判で12ページ。これをクルーグマン教授は今月26日、ツイッターで公開した。
 会合は前半、クルーグマン教授の提言で、「世界経済は弱さが蔓延している」「金融政策だけでは足りず、財政出動が必要」などと発言。
 「マイナス金利をこれ以上進めるのは難しい」と、黒田日銀にとって耳の痛い話もしている。
 ま、日本政府首脳の“低レベル”を全世界が知ることになったのは間違いない。
 2016年3月31日 日刊ゲンダイ

2016 経歴詐称 アベ政権
 ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑
 「経歴詐称」でコメンテーター辞任に追い込まれたショーンK。
 テンプル大卒も、パリ第1大留学も、ハーバードMBAも、すべてウソだったというのだから、今までバレなかったのが不思議なくらいだ。
 今「ショーンKと同じように経歴を詐称しているのではないか」と、高市早苗総務大臣(55)に経歴詐称疑惑が浮上している。
 きっかけはジャーナリスト、鳥越俊太郎氏の発言だ。先月29日、ジャーナリスト有志が、高市大臣の「電波停止」発言に抗議する記者会見を開いた。
 この時、鳥越氏はこう発言したのだ。
 「趣旨から少し外れるんだけど、これ言っておかないといけないかなって。
 高市早苗さんは、議会立法調査官をやっていたという触れ込みで日本に帰ってきて、田原さんの“朝まで生テレビ!”に出たんですよ」
 「ところが、彼女は見習い待遇で、無給で、未契約のフェロー、つまりコピー取り程度、お茶くみ程度のことしかやっていない」
 「だから、経歴詐称だよね、僕に言わせれば。経歴詐称」
 高市大臣の事務所はこう言う。
 「高市がコングレッショナルフェロー(議会研究員)をしていたのは事実です。
 確かに議会から報酬は出ていませんが、松下政経塾のアメリカの研究所が高市のスポンサーとなり、議員事務所で働いていたのです。
 コングレッショナルフェローには、選ばれた人しかなれません。
 ただし、“議会立法調査官”は造語です。現在は、誤解を招くので、その名称は使っていません」
 2016年3月31日 日刊ゲンダイ

2016 アベ自民不祥事
 失言では片づけられない 「妄言集団」自民党の醜悪な正体
 来年度予算成立までの前半国会は、
 甘利前経再相の口利き辞任に始まり、
 ゲス不倫議員の辞職、
 「保育園落ちた」の匿名ブログ批判、
 「巫女さんのくせに」発言などなど、
 閣僚を含む自民党議員らの醜聞や失言がとにかく目立った。
 2016年3月31日 日刊ゲンダイ

2016 NHK不祥事
 受信料収入6758億円を見込む2016年度NHK予算案は、参議院本会議で、自民、公明、おおさか維新などの各党の賛成多数で可決、承認された。
 NHKや関連団体で不祥事が相次いだことから民進、共産、社民などの野党各党が反対し、
 3年連続で全会一致の承認を得られず、極めて異例の事態となった。
 2014年度と2015年度の予算審議では、籾井勝人(もみいかつと)会長の言動が問題視されたが、
 2016年度予算をめぐっては子会社NHKアイテック社員2人による約2億円の着服や、
 記者のタクシー券の私的利用などグループ内の不祥事の続発が槍玉に挙がった。

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 情報操作 アベ政権
 なんでマスコミは「民進の山尾氏 上限超える寄付記載」とか大々的に報じてんの?
 こんなの自民党議員ならみんなやってんじゃん。
 こんなことよりも、現金を受け取った見返りに口利きをしてた上に仮病で国会での追及を逃げまくってる甘利明と、
 こんなクズを大臣に任命した天ぷら野郎について報じろよ!
 自民党議員の大半がダミーの政党支部を作り、政治家個人には禁止されてる企業・団体献金を支部で受け取り、
 それを政治家個人の資金団体へ迂回させる「パチンコの景品を換金する方式」で何千万円もフトコロに入れてるくせに、
 そういうズルをしないで真面目に記載してた民進の山尾氏を攻撃するマスコミ。
 麻生太郎から森田健作に至るまで、みんな自分が代表をつとめる自民党支部と自分の政治資金管理団体の住所も電話も同じ。
 そして政治家個人へ禁止されてる企業・団体献金は自民党支部で受け取って「政党への寄付」の体裁を取り、
 ソッコーで自分の政治資金管理団体へ迂回。こんなイカサマが日常茶飯事。
 自民党の下村博文なんて「違法献金の総合商社」と言われるほど悪行三昧をして何千万円もガバガバと集めてたのに何のオトガメもなし。
 一方、受け取った献金をきちんと政治資金報告書に記載していたのに、
 それが法定の上限を超えていたというだけでマスコミから寄ってたかって叩かれる民進の山尾氏。
 自民党に献金を続けてる大手ゼネコンは大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店がトップ5だけど、
 この中で菅義偉官房長官のバカ息子が勤めてる大成建設に新国立競技場の建設が決まったし、
 自民党が民意を無視して強行してる辺野古の米軍基地の建設も大成建設に決まっている。
 きっこ (@kikko_no_blog) | Twitter

 スキャンダル探しに躍起 安倍政権が狙う“山尾志桜里潰し”
 2016年3月29日 日刊ゲンダイ

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 情報操作 アベ政権
 安倍首相、景気「七分咲きぐらいかな」(31日読売)。
 「2月の鉱工業生産指数速報値は前月を6.2%下回る93.6.全15業種のうち、13業種で生産が前月より下がった」、
 こういう現実を前に景気「七分咲きぐらいかな」、言う人も人なら報道する新聞も新聞だ。
 安倍首相へのごまのすり方指南:
 安倍首相、官邸の庭で公明党の山口代表と花見。
 「山口代表が、第1次内閣以降の首相の歩みを振り返って、”風雪に耐えて気高き花の色”との句を披露すると、首相はうれしそうに復唱」
 読売新聞は安倍氏へのごまのすり方まで教えてくれる素晴らしい新聞ですね。
 孫崎 享 (@magosaki_ukeru) | Twitter

2016
 約2年前に行方不明となった埼玉県朝霞市の女子生徒(15)が東京都中野区で保護された事件で、
 埼玉県警は、未成年者誘拐の疑いで、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)を逮捕した。
 朝霞署捜査本部によると、逮捕容疑は2014年3月10日、埼玉県朝霞市内で女子生徒を誘拐し、
 3月27日まで、千葉県内や東京都中野区内を連れ回した疑い。
 寺内容疑者は静岡県内の病院で逮捕され、埼玉県内までヘリコプターで移送され、警察車両で朝霞署に入った。



忌日 命日 鬼籍

3月31日

1727
 アイザック・ニュートン(Isaac Newton) 84歳 1643年1月4日(ユ暦1642年12月25日)生

1837
 ジョン・コンスタブル(John Constable) 60歳 1776年6月11日

1855
 シャーロット・ブロンテ(Charlotte Bronte) 38歳 1816年4月21日

1913
 ジョン・ピアポント・モルガン(John Pierpont Morgan) 75歳 1837年4月17日

1917
 エミール・フォン・ベーリング(Emil von Behring) 63歳 1854年3月15日

1946
 武田麟太郎 41歳 1904年5月9日

1983
 尾崎一雄 83歳 1899年12月25日

1983
 片岡千恵蔵 79歳 1904年1月20日

1993
 ブランドン・リー(Brandon Lee) 28歳 1965年2月1日

1995
 久保亮五 75歳 1920年2月15日

2001
 中村歌右衛門・6代目 83歳 1917年1月20日生 慢性呼吸不全

2008
 ジュールス・ダッシン(Jules Dassin) 96歳 1911年12月18日

2009
 金田龍之介 80歳 1928年6月15日生 慢性腎不全

2016
 桑田昭三 87歳 1928年12月19日生 非閉塞性腸管虚血



Google
Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.