1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
2月 如月 きさらぎ February 梅(忠実・独立) アメジスト(誠実) 梅見月 むめみづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
本日は、、時刻は です。
今日は何の日 どんな日 こんな日

2月29日

閏日(うるうび)
  太陽暦で、2月29日のこと。
  2月29日生まれの人は、平年には2月末日の満了の時、つまり2月28日が終了する瞬間に年齢が変わる。

跳躍の日(Leap day)
  閏日のことを、英語で"leap day"というが、これは、普段の年はその前年の同じ日より1つだけ曜日がずれるが、閏年の翌年は2つずれる、
  つまり、曜日を1つ飛び越える(leap)からである。
  かつてイギリスでは、4年間のうちでこの日だけ女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認され、男性はそれを断わることはできないとされていた。

1578.04.06(天正06.02.29)
 織田信長、安土城(安土御山)で、近江国(江州)相撲取300人を集めて観戦

1657.04.12(明暦03.02.29)
 江戸幕府、明暦の大火(振袖火事)で死亡した10万余人の霊を供養するため、両国に回向院(えこういん)を建立

1772.04.01(明和09.02.29)
 明和の大火(目黒行人坂火事)
 1万数千人死亡
 江戸三大火のひとつ 振袖火事(明暦3) 目黒行人坂火事(明和9) 芝車町火事(文化3)

1896
 日本銀行本店東京都中央区日本橋本石町)完成(設計:辰野金吾

1932
 満州事変
 リットン調査団来日
 リットン調査団:
 国際連盟によって満州事変や満州国の調査を命ぜられた英のリットン伯爵を団長とする国際連盟日支紛争調査委員会より出された調査団の通称

1936
 2.26事件(二・ニ六事件)反乱部隊に原隊復帰命令
 NHKラジオ「兵に告ぐ」放送

1940
 第12回アカデミー賞授賞式で、「風と共に去りぬ」、作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞ほか特別賞を含め9部門を受賞

1968
 「ビッグコミック」(小学館)創刊

1976
 日本初の実用衛星である電離層観測衛星「うめ(ISS)」、種子島宇宙センターからN-Iロケット2号機(N2F)で打上げ
 1983.02.23
 運用終了

1976
 日本最古の常設映画館・浅草電気館(東京都台東区浅草・浅草公園六区)閉館
 76年の歴史に幕

1980
 イルカ裁判
 米のデクスター・ケイト(36)が、壱岐でイルカの囲い網を切断し、イルカ250頭を逃がす。

2004
 日本テレビ、開局50年を機に放送センター・本社スタジオ機能を東京都千代田区二番町から東京都千代田区汐留に移転

2005
 NHK、元NHKチーフ・プロデューサーの磯野克巳(48)によるNHK番組制作費詐取総額が1億9220万円 にのぼることを公表

2005
 リチャード・ギア(55)、小泉純一郎総理(63)を表敬訪問
 総理に促され、映画「Shall We Dance?」さながら二人で社交ダンス
 総理、ご満悦、リチャード、顔を真っ赤に照れ笑い

2008
 離婚協議中だった中村獅童(35)と竹内結子(27)が、正式に離婚した。

2012 福島第1原発事故(人災)
 銀座で電気料金値上げ反対のデモ行進が行われた(主催:Act 3・11 JAPAN)。
 「原発から出る増すゴミ、記者クラブから出るマスゴミ、要らない」
 「東京電力よ いいかげんにしなさい!」

2012 福島第1原発事故(人災)
 福島第1原発事故(事故)で福島県双葉町が結成した弁護団は、22世帯47人の町民について、
 最低月額35万円の慰謝料を含む総額約4億5千万円を東京電力が賠償するよう、
 野田佳彦政権の原子力損害賠償紛争解決センターに和解仲介手続きを申し立てた。
 町弁護団による集団申し立ては初めて。

2012 福島第1原発事故(人災)
 原発3基が立地する福井県敦賀市の河瀬一治市長が、昨年11〜12月に、地元の高級食材越前ガニの詰め合わせ1万円分を歳暮として
 原発事故担当大臣の細野豪志、元経済産業大臣の海江田万里、民主党政調会長の前原誠司、自民党総裁の谷垣禎一ら
 国会議員11人に贈っていたことが発覚した。

2012
 東京スカイツリー(高さ634メートル)は、建設工事を終え、完成した。
 従業員の訓練や内装工事を進め、5月22日に世界一高い電波塔として開業する。

2012
 富士重工業は、最後の軽商用車「スバル サンバー」の生産を 終え、54年の軽自動車生産の歴史に幕を下ろした。

2016
 東京電力福島第1原発事故(人災)をめぐる検察審査会の起訴議決を受け、津波を予想できたのに対策を怠ったとして、
 検察官役の指定弁護士は、予告通り、東電元会長の勝俣恒久(75)、元副社長の武黒一郎(69)、元副社長の武藤栄(65)の旧経営陣3人を
 業務上過失致死傷罪で東京地裁に強制起訴した。

02.29 福島第1原発事故(人災)
 東京電力福島第1原発事故(人災)で、
 東電元会長の勝俣恒久(75)、元副社長の武黒一郎(69)、元副社長の武藤栄(65)の旧経営陣3人が強制起訴されたことを受け、
 福島原発告訴団が、東京都内で記者会見した。

 感無量だ。
 被害者は口々に「誰も責任を取っていないのはおかしい」と言っている。
 多くの市民で裁判を見つめたい。
 新たな真実が明らかにされて、責任を取るべき被告人たちに公正な判決が下されることを信じている。
 福島原発告訴団の武藤類子団長

 もし、検察官の2度にわたる不起訴に屈していたら、問題点が全部闇に葬られていた。
 旧経営陣は災害を予見していたが、経済的な理由で対策をやらなかっただけ。
 これが裁判で明らかになれば優に有罪認定が可能だ。
 告訴団代理人の河合弘之弁護士

2016 福島第1原発事故(人災)
 東電元3幹部を強制起訴 原発事故の責任追及「やっとここから」
 「やっとここまできた」。
 事故の責任追及を求めてきた「福島原発告訴団」の武藤類子団長(62)は、東京電力の旧経営陣が強制起訴されたことに感慨深げだ。
 「三人は真実を語り、なぜ事故が起きたかを明らかにしてほしい」
 放射能汚染で、日々の営みを奪われた一人だ。二〇〇三年に豊かな自然に囲まれた福島県田村市で喫茶店をオープン。
 裏山で摘んだ野草をお茶にしたり、ドングリを使った料理を振る舞ってきた。
 だが、約四十五キロ離れた東電福島第一原発で起きた事故によって、
 山の幸は汚染されドングリもキノコも食べられなくなり、薪(まき)も燃やせなくなった。
 店は一三年春に廃業した。
 「被害の大きさだけではなく、調べれば調べるほど、東電は津波対策を握りつぶしてきたことが分かってきた。
 想定外ではなかったのに、事故の責任を誰も負わないのはおかしい」
 一二年に告訴団を結成し、団長になった。福島県民約千三百人でスタートし、全国に共感が広がり、一万四千人超にまで膨らんだ。
 今年一月には、裁判で検察官役を務める弁護士にエールを送るため、「支援団」も発足させた。
 「原発事故は収束していないし、被災者はまだ困難な状況にある。責任をうやむやにしてはいけない。反省しなければ、また事故が起きる」と訴える。
 事故後、九州電力川内(せんだい)(鹿児島県)、関西電力高浜(福井県)の原発計四基が再稼働し、
 運転開始から四十年超の高浜1、2号機さえも、再稼働が近づく。
 「福島第一の1号機も、四十年になる直前で事故になった。老朽化も一つの原因かもしれない。福島から何も学んでいない。
 裁判を通じ、原発政策の問題点も明らかになれば」と期待する。 (荒井六貴)
 2016年2月29日 東京新聞

2016 福島第1原発事故(人災)
 東京電力は、過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発の放射能汚染水対策として1〜4号機建屋周囲の土壌を凍らせる凍土遮水壁の設置工事で、
 下請け企業の30代の男性作業員が、昨年4月から今年2月までに43.2ミリシーベルト被曝したと発表した。
 計画では40ミリシーベルト以下に抑えるとしていたが、守られていなかった。
 作業員の被曝量上限を年50ミリシーベルト、5年間累計100ミリシーベルトとした法定基準は下回っている。

2016 福島第1原発事故(人災)
 福島県沖で捕れる魚から、東京電力福島第1原発事故(人災)の影響とみられる放射性セシウムが国の食品基準値以上に検出される可能性は
 ほぼ0%で非常に低いとする推計を、国立研究開発法人水産総合研究センター資源管理グループ長の岡村寛らがまとめ、
 米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 ただ、淡水魚のイワナや海の底にすむシロメバルなど福島県の魚の一部で基準値を超える可能性が比較的高いものもあった。
 研究は、厚生労働省が公開した水産物中のセシウム134、137の検査結果を利用し、2015年9月時点の状況を推定したという。
 福島県では、原発事故以降、1キログラム当たり100ベクレルの基準値を超える可能性は一貫して低下しており、
 「海の生物」「淡水の生物」とまとめて見た場合、ほぼ0%だった。
 ただ、20ベクレルを超える可能性を見ると、海の生物はほぼ0%だが、淡水の生物は7.5%だった。
 魚種別では、イワナは基準値を超える割合が1万匹に約8匹、シロメバルが千匹に約7匹と、他の種より頻度が高い計算になった。

 ストロンチウム汚染 | 内部被ばくを考える市民研究会
 www.radiationexposuresociety.com/docu/cate5
 魚のストロンチウム90の測定をやめたのか?水産総合研究センター
 海に広がるストロンチウム90 魚の放射能汚染を調べよ

2016 福島第1原発事故(人災)
 午後2時頃、民意を無視して再稼働を強行した関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)で、
 発電開始の作業を始めた直後に発電機が止まる事故があり、原子炉が緊急停止した。
 高浜4号機は、2月20日に、1次冷却水漏洩事故を起こし、放射性物質約6万ベクレルを漏出させたにもかかわらず、
 予定通り、2月26日に再稼働を強行し、2月29日からタービンと発電機をつなぎ、発電と送電を開始する予定だった。

2016 福島第1原発事故(人災)
 高浜1、2号機の「40年超」認可差し止めを 住民、名古屋地裁に提訴へ
 運転開始から四十年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)をさらに二十年運転させる原子力規制委員会の延長認可の差し止めを求め、
 福井県や東海地方の住民が四月中にも、国を相手に行政訴訟と仮差し止めの申し立てを名古屋地裁に起こすことが分かった。
 老朽原発をめぐっては、東京電力福島第一原発事故後の二〇一二年、原子炉等規制法の改正で「四十年で原則廃炉」と規定されたが、
 規制委は今月二十四日、関電が1、2号機で予定する安全対策が新規制基準に適合するとの審査書案を全国に先駆けて了承。
 運転期間満了の七月七日までに規制委が延長を認可すれば、対策工事を施した上で最長六十年の運転が可能になる。
 原告団と弁護団は「延長運転後に事故が起き重大な損害が生じる恐れがある」として規制委に認可を出さないよう訴え、
 認可が出された後は取り消し処分を求めて争う方針。
 老朽化した1、2号機の原子炉圧力容器では、核燃料から放出された中性子を受け続けたことによる劣化現象が起こるため、
 原子炉等規制法に基づく技術基準を満たさない、と主張。
 規制委による審理でも問題化した、重要機器をつなぐケーブルの防火策の不備も訴えるという。
 福島事故後は立地自治体以外の裁判所での原発訴訟が増えているが名古屋地裁では初めて。
 福島事故では放射性物質が広範に飛散し、政府が半径二百五十キロ圏内の住民への避難指示を検討していたことも判明。
 原告が勝訴した福井地裁での大飯3、4号機訴訟の判決では、同キロ圏内の住民の原告適格性が認定され、
 福井県内の原発に対する訴訟が隣接する大津、京都地裁で相次いで提起されるなど、県境を越えた法廷闘争が繰り広げられてきた。
 名古屋は高浜原発の約百三十キロ南東に位置し、季節風の風下に当たる。
 2016年2月29日 東京新聞

2016 福島第1原発事故(人災) 東日本大震災
 東日本大震災で大きな被害があった岩手、宮城、福島の3県で、仮設住宅での「孤独死」が昨年末までで188人に上り、
 大震災後の5年で毎年増加していることが、共同通信の取材で分かった。
 高齢の独居者が多く、空室が増えて近隣の目が届きにくくなっているという。
 被災者の孤独死は、阪神大震災の災害復興公営住宅でも問題になった。
 岩手、宮城、福島の3県警によると、3県の合計は、2011年の16人から、38人、41人、44人、49人と年々増加した。
 県別では、宮城が5年で84人、福島が66人、岩手が38人だった。

2016 福島第1原発事故(人災) 東日本大震災
 【5年目1】
 まもなく東日本大震災から5年。
 岩手、宮城、福島県の災害公営住宅(復興住宅)で7833人が暮らし、
 うち1219人は独居世帯、65歳以上は2802人で高齢化率は36%と10ポイント近く高い。孤独死も5件。
 安倍政権の挑戦です。
 
 【5年目2】
 電源開発促進税を元にした原発立地自治体への交付金が不足し、積立金も取り崩す。
 国民から強制的徴収する税を原発推進のために好き放題使う経産省。廃炉交付金も中間貯蔵施設も原発再稼働するも。
 原発とともに沈没していく安倍政権です。
 
 【5年目3】
 老朽原発さえ原発を再稼働させようとする原子力寄生委員会に対し、広島の被爆者16人が伊方原発の運転差し止めを求めて提訴しました。
 福島原発事故への反省のあり方だけでなく、戦後70年の意味が問われていると思います。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 報道の自由 アベ政権
 高市早苗の“電波停止”発言に池上彰が「欧米なら政権がひっくり返る」と批判! 田原総一朗、岸井成格らも抗議声明
 高市早苗総務相が国会で口にした「国は放送局に対して電波停止できる」というトンデモ発言。
 これに対して、ジャーナリストたちが次々と立ち上がりはじめた。
 まずは、あの池上彰氏だ。民放キー局での選挙特番のほか、多数の社会・政治系の冠特番を仕切る池上氏だが、
 2月26日付の朝日新聞コラム「池上彰の新聞ななめ読み」で、高市大臣の「電波停止」発言を痛烈に批判したのだ。
 池上氏は、テレビの現場から
 「総務省から停波命令が出ないように気をつけないとね」
 「なんだか上から無言のプレッシャーがかかってくるんですよね」
 との声が聞こえてくるという実情を伝えたうえで、高市発言をこのように厳しく批難している。
 〈高市早苗総務相の発言は、見事に効力を発揮しているようです。
 国が放送局に電波停止を命じることができる。
 まるで中国政府がやるようなことを平然と言ってのける大臣がいる。
 驚くべきことです。
 欧米の民主主義国なら、政権がひっくり返ってしまいかねない発言です。〉
 〈「特定の政治的見解に偏ることなく」「バランスのとれたもの」ということを判断するのは、誰か。
 総務相が判断するのです。総務相は政治家ですから、特定の政治的見解や信念を持っています。
 その人から見て「偏っている」と判断されたものは、本当に偏ったものなのか。疑義が出ます。〉
 〈権力からの干渉を排し、放送局の自由な活動を保障したものであり、第4条は、その際の努力目標を示したものに過ぎないというのが学界の定説〉
 〈まことに権力とは油断も隙もないものです。だからこそ、放送法が作られたのに〉
 2016.02.29 LITERA(リテラ)

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 報道の自由 アベ政権
 総務大臣の高市早苗が政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局の電波停止に言及した事件で、
 テレビでキャスターやコメンテーターとして活躍する6人が、日本プレスセンタービル(東京都千代田区)で記者会見し、非難の声を上げた。
 会見したのはジャーナリストの青木理、大谷昭宏、田原総一朗、鳥越俊太郎、TBSキャスターの金平茂紀、毎日新聞特別編集委員の岸井成格の6人。

 声明
 私たちは怒っている
 ――高市総務大臣の「電波停止」発言は憲法及び放送法の精神に反している
 今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、
 放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、
 電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言及した。
 誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断をするということになると存じます」と明言している。
 私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。
 そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。
 所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、
 「放送による表現の自由を確保すること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」
 をうたった放送法(第一条)の精神に著しく反するものである。
 さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、
 憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。
 高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、
 放送事業者が自らを律する「倫理規定」とするのが通説である。
 また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、
 放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわかる。
 私たちは、テレビというメディアを通じて、日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説し、
 自由な議論を展開することによって、国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。
 テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。
 これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。
 現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増していないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。
 「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。
 だが、自主規制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。
 私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。
 〈呼びかけ人〉(五十音順 2月29日現在)
 青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎

 政権と政権の応援団がメディアを非常に不当な形で攻撃してきているという事実を真剣に受け止め、黙っていられないという思いでここに来た。
 青木理

 権力をチェックして暴走にブレーキをかけるのが公平公正で、公平公正かどうかを権力の側が判断してはいけない。
 高市発言にはあきれ果てた。憲法、放送法の精神を知らない中での発言であれば、大臣失格だ。
 仮に曲解しているのであれば、「言論統制を進めたい」と思われても仕方がない。
 岸井成格

 自主規制とか忖度とか、過剰な同調圧力やそれによって生じる萎縮が今ぐらい蔓延していることはない。
 金平茂紀

 これは政治権力とメディアの戦争。
 政治権力側が一方的に攻勢を強め、メディアが後退している。
 ここまで露骨にメディアをチェックし、牽制してきた政権はなかった。
 下から変えていくしかない。
 安倍政権からの恫喝、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた。
 メディア内部に遠慮がはびこっている。このままでは日本は大変なことになる。
 戦前のようになるかもしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない。
 鳥越俊太郎

 高市氏の発言は非常に恥ずかしい。
 全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念なことに、多くのテレビ局の多くの番組が何も言わない。
 それで政府も図に乗っている。
 田原総一朗

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 報道の自由 アベ政権
 降板の岸井キャスタ―、高市発言を批判 「テレビ局は何を怯えているのか?」
 「街頭でコメントを録るのに何時間もかけて政権と同じ考えを持っている人を探す」
 「政権批判の少ない人を(コメンテーターに)選ぶ」
 「おかしいことをおかしいと言えない」・・・在京テレビ局の報道現場からあがる悲鳴だ。
 どうしてこうもテレビは政治に弱いのか。突っぱねればよいではないか。
 ビデオニュースの神保哲生氏は「テレビ局は何を怯えているのか?」と質問した。
 日本のテレビ局は政治に守られて、電波割り当てを独占し既得権益を得ているのだ。
 政治に対して強いことを言えた義理ではないのである。
 キャスター、コメンテーター諸氏は誰一人として、神保氏の質問にまともに答えなかった。
 2016年2月29日 田中龍作ジャーナル

2016 NHK不祥事
 安倍自民党のテレビ支配強める NHK籾井会長の“延命懇願”
 NHKの籾井勝人会長が28日、自局の番組に約8分間生出演し、不祥事連発を謝罪した。
 籾井会長が主導した350億円もの用地買収計画が昨年12月に表沙汰になって以降、醜聞が続発。
 子会社「アイテック」の2億円着服事件の発覚や、危険ドラッグ所持でアナウンサー逮捕、さいたま放送局ではタクシーチケットの私的流用がバレた。
 「テレビでの謝罪は、辞める気がないという意思表示。もっとも、追い込まれた籾井会長は官邸しか見えていない状況でしょう。
 NHK予算の国会承認は全会一致が慣例ですが、籾井体制になってから3年連続で自公与党と一部野党しか承認しない前代未聞の事態。
 これまでも官邸の意向を忖度して番組内容に口を挟んでいましたが、それに拍車が掛かりかねません」(OBの立花孝志氏=船橋市議)
 2016年2月29日 日刊ゲンダイ

2016 テロとの戦い アベ政権
 安倍晋三総理は、初来日したエジプトのシシ大統領と総理官邸で会談し、官民合わせて2兆円規模の経済協力を行うことを表明した。
 両首脳は、過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロ対策をめぐり、連携を強化することで一致した。
 両首脳は、日本側によるエジプトでの電力関連のインフラ整備に約411億円の政府開発援助(ODA)を供与するなどと明記した共同声明を発表した。

 シシ大統領
 アブドルファッターフ・アッ=シーシー(Abdel Fattah Saeed Hussein Khalil El-Sisi) 1954年11月19日生 軍人(陸軍元帥)
 エジプト軍軍事情報庁長官、エジプト軍最高評議会議長、国防大臣、エジプト国軍総司令官、第一副首相などを歴任
 シーシーは権力掌握後、ムスリム同胞団を中心に反体制派を徹底的に取り締まり、集会の自由・言論の自由を制限した。
 同胞団を徹底的に弾圧して治安の維持を図るとともに、同胞団を警戒するサウジアラビアなどから援助を引き出している。
 また、令状なしの身柄拘束が常態化していると指摘されている。

 ムスリム同胞団
 中東におけるスンニ派のイスラム主義組織

2016 一票の格差 アベ政権
 安倍晋三総理は、衆議院予算委員会で、
 一票の格差是正についても、
 TPP交渉をしてきた前経済再生担当大臣の甘利明に関する「政治とカネ」を巡る口利き疑惑事件解明についても、
 国民の税金を政党に支給する約320億円の政党助成金と企業団体献金の二重取りを禁止することについても
 月100万円も支給されている国会議員の文書通信交通滞在費の使途公開についても、
 子育て支援についても、
 消極的姿勢に終始した。

 保育士が足りないのは、なりたい人がいないからじゃない、なっても、その平均給与が全産業の給与より9万円も低くて、なっても続けられない。
 (軽減税率導入で)子育てにとって大事な3000億円は事実上断念に近くなっているじゃないですか。
 子育てより選挙、この国の未来より、この夏の選挙、そういう政権なんですか。
 民主党衆議院議員の山尾志桜里(やまおしおり) 1974年7月24日生 宮城県仙台市 旧姓:菅野(かんの) 東京大学法学部卒 元検事

 衆議院予算委員会にて待機児童問題、子育て支援、甘利元大臣問題について安倍総理に質問しました。
 ぜひご覧いただければ幸いです。
 山尾しおり (@ShioriYamao) | Twitter

 小6、中1の多感な時期に初代『アニー』を演じる。
 同い年の夫と4歳の息子との3人暮らしです。
 好きな食べ物は、納豆ごはん、あんかけパスタ、鍋物ならなんでも大好きです。
 『大切なことは目に見えない』(サン=テグジュペリ「星の王子さま」より)の言葉を胸に刻みながら、政治家と子育ての両方に奮闘中!!
 山尾しおりのプロフィール:山尾しおり(山尾志桜里)/衆議院議員 ...
 https://www.yamaoshiori.jp/profile.html

2016 アベノミクス
 慶応大学・小林良彰教授「安倍首相は景気が回復基調にあると言っていますが、企業の売り上げは15年前と変わっていません。
 今は原油安と賃金抑制で利益を出しているだけなのです。売り上げが増えていないのに企業が設備投資などしますか?」
 (TBS「Session-22」2月29日)
 きっこ (@kikko_no_blog) | Twitter

2016
 「黒人奴隷」発言の丸山和也参院議員に探偵の女性との不倫が発覚!? 相手の女性が告白、メール流出も…
 「「不倫調査探偵との不倫」を本人に暴露された行列弁護士 丸山参院議員」
 「週刊ポスト」(小学館)3月4日号にこんなタイトルで掲載されたのは、タレント弁護士出身の参院議員・丸山和也氏だ。
 記事によれば、丸山議員のお相手女性は丸山議員がかつて顧問弁護士をしていた探偵事務所に勤める女性だという。
 「週刊ポスト」の取材に対し女性は丸山議員との関係を認めた上で、交際の詳細を語っている。
 会社の飲み会で丸山議員と出会ったこの女性は、その後、丸山議員が「マスコミ対策用に自宅と別に買った」六本木のタワーマンションを訪れたという。
 「(マンションで丸山議員が)椅子から立って私の肩を抱いてきた。
 年齢が年齢なのだからそういう関係にはならないと思っていましたが、好意は持っていたので拒みませんでした。
 『こんなことするんだ??』と聞いたら、『するよ』といっていました。行為には及んだんですが、女性を求める気持ちがあっても最後までは至らないようです」
 ベッキーがあれだけ袋叩きにあって休業状態に追い込まれたのに、丸山議員はこの件について、「週刊ポスト」の取材に回答もせず、そのまま。
 ワイドショーなど他のマスコミからもまったく追及を受けていない。
 2016.02.29 LITERA(リテラ)



忌日 命日 鬼籍

2月29日

1639
 大久保忠教(おおくぼただたか)大久保彦左衛門 79歳 1639年4月2日(寛永16年2月29日) 1560年**月**日(永禄3年**月**日)生
 三河国(愛知県岡崎市) 戦国武将 天下の御意見番 旗本 「三河物語」作者

1855
 遠山景元遠山金四郎) 62歳 1855年4月15日(安政2年2月29日)没 1793年9月27日(寛政5年8月23日)生

2000
 松本英彦 73歳 1926年10月12日

2004
 鏡里喜代治 80歳 1923年4月30日

2008
 高橋達也 76歳 1931年12月27日生 膵臓がん

2012
 デイビー・ジョーンズ(David Jones) 66歳 1945年12月30日生 心臓発作



Google
Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.