1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
2月 如月 きさらぎ February 梅(忠実・独立) アメジスト(誠実) 梅見月 むめみづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
本日は、、時刻は です。
今日は何の日 どんな日 こんな日

2月15日

涅槃会(旧暦2月15日) 三仏会のひとつ 潅仏会(04.08) 成道会(12.08)
  釈迦入滅の日
  クシナガラ(四大聖地のひとつ)の沙羅双樹の下で、頭を北、顔を西に向け入滅

春一番名附けの日
  春一番とは、立春から春分までの間に、日本海に低気圧があり、強い南寄りの風(風向は東南東から西南西まで、風速8m/s以上)
  が吹き、気温が上昇すること(関東地方における気象庁発表の目安)。
  長崎県郷ノ浦町で、安政6年2月13日(1859年3月17日)に五島沖に出漁した漁師53人が、春の強い突風に遭い全員遭難した時から、
  郷ノ浦の元居地区では、春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになり、昭和62年、郷ノ浦港入口の元居公園に
  船の帆をイメージした「春一番の塔」が建てられた。

0708.03.11(和銅01.02.15)
 元明天皇平城京造営の詔(みことのり)を布告

1105.03.03(長治02.02.15)
 奥州藤原氏の祖・藤原清衡(ふじわらのきよひら)、平泉に最初院多宝寺中尊寺)を建立

1624.04.02(元和10.02.15)
 猿若勘三郎(中村勘三郎・初代)、猿若座(中村座)を開設
 江戸歌舞伎の始まり

1763
 フベルトゥスブルク条約締結
 プロイセン・オーストリア間で締結された七年戦争終結の条約
 七年戦争終結
 シュレジエン(シレジア)領有をめぐるオーストリア・プロイセン間の戦争と植民地争奪をめぐる英・仏間の戦争を中心とした国際戦争

1868.03.08(慶応04.02.15)
 堺事件
 堺で、土佐藩兵、仏兵と衝突し、仏軍艦の乗員11名を殺傷

1877
 西南戦争勃発
 西郷隆盛の一番大隊、鹿児島から熊本方面へ先発

1887
 徳富蘇峰(とくとみそほう)、「国民之友」創刊

1898
 米西戦争
 メイン号事件
 ハバナ湾で、米海軍戦艦メイン号、爆発し、沈没
 260人死亡 その後、6人死亡
 日本人、8人のうち、6人死亡
 1898.03.28
 米海事審判所、機雷が爆発の原因と断定

1916
 大阪市茨木中学校に日本初の屋外プールが完成

1922
 ハーグ常設国際司法裁判所設立

1925
 全日本スキー連盟設立

1938
 サボ学生狩り
 警視庁、3日間に渡り、盛り場のサボ学生3486人を一斉に検挙

1942
 シンガポールの戦い
 シンガポール陥落
 英領シンガポールの英国軍、日本軍に無条件降伏
 「イエスかノーか」マレーの虎・山下奉文(やましたともゆき)
 1942.02.16
 シンガポールを昭南島と改名

1946
 ペンシルバニア大学で、世界初の電子計算機ENIAC(Electronic Numerical Integrator and Computer)完成

1947
 都営トレーラーバスの運行開始

1955
 文化財保護法に基づき、文部省(文部科学省)、初の人間国宝(重要無形文化財保持者)を指定(浜田庄司、富本憲吉、石黒宗麿ら)

1975
 ヒデとロザンナ、ハワイで挙式

1981
 日劇(日本劇場)閉館
 日劇ミュージックホールさよなら公演
 48年間のレビューに幕
 1984.10.06
 跡地に、有楽町センタービル(有楽町マリオン)オープン

1985
 夏目雅子、急性骨髄性白血病で慶應義塾大学病院に緊急入院
 09.11
 死去(27)

2005
 カリフォルニア州サンマテオで動画共有サービス会社「YouTube」設立
 2006.10.09
 Google、YouTubeを買収

2008
 フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は、韓国・高陽で男子自由があり、ショートプログラム首位の高橋大輔が175.84点で自由でも1位となり、
 合計264.41点(世界歴代1位)で初優勝を果たした。

2011
 イタリアのベルルスコーニ首相(74)のモロッコ人少女(17)買春疑惑で、ミラノ地裁の予審判事は、首相を未成年者買春罪と職権乱用罪で起訴した。

2011
 リビア内戦
 リビア東部のベンガジで、人権活動家の釈放を要求していた反政府デモ隊と警官隊が衝突し、10数人が負傷した。

2012 福島第1原発事故(人災)
 国会に設置された東京電力福島第1原発事故調査委員会(委員長:元日本学術会議会長の黒川清)の第4回委員会で、
 原子力安全委員会委員長の班目春樹は、原発の津波対策や全電源喪失に関する指針の誤りを認め、謝罪した。

2012 福島第1原発事故(人災)
 野田佳彦政権は、国の暫定基準(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたとして、
 栃木県の那須塩原市と矢板市で生産される原木シイタケ(露地栽培 と施設栽培)の出荷停止を栃木県知事に指示した。

2013 福島第1原発事故(人災)
 安倍晋三自公政権が原子力規制委員会委員長(田中俊一)と委員4人(中村佳代子、更田豊志、島崎邦彦、大島賢三)の事後承認を求めていた
 同意人事案が、参議院本会議で自民党、公明党、民主党、日本維新の会などの賛成多数で可決、承認された。

 自民だけでなく公明も維新も原発ゼロから後退する中、田中俊一委員長得意のマヌーバー戦術もあって原子力規制委員会人事が国会で承認。
 委員は原子力事業者の原子力研究開発機構や放射線ムラの放医研が並ぶ。一層の監視を強めないと、全てが逆戻りする。
 金子勝 (masaru_kaneko) on Twitter

2013 福島第1原発事故(人災)
 環境省は、福島第1原発事故(人災)を受けた除染(移染)事業について、
 福島県以外の自治体での進捗状況(昨年12月末時点)の調査結果を発表した。
 学校・保育園では85%で完了したものの、住宅に関しては、23%と前回調査(同8月末時点)とほぼ同水準にとどまった。

2013 福島第1原発事故(人災)
 環境省は、地下水の放射性物質モニタリング調査で、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の6県で全測定地点で
 放射性セシウム、放射性ヨウ素がいずれも不検出だった、と発表した。
 採水日は、2012年11月30日〜12月5日。

2013 福島第1原発事故(人災)
 安全対策を後回しして関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させたとして、
 福井県などの住民154人が関電に運転差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が、福井地裁(樋口英明裁判長)であった。

 裁判所は過去、国策に屈し正しい判断ができず、原発事故を回避できた機会を失ってきた。
 自らの責任を真摯(しんし)に反省し、積極的な訴訟進行をお願いする。
 脱原発弁護団全国連絡会共同代表で原告代理人の海渡雄一弁護士

 原発マネーは甘い蜜であり麻薬だった。私たちの命を雇用や経済のてんびんにかけないで。
 原告の今大地(こんだいじ)晴美敦賀市議

2013 福島第1原発事故(人災)
 金曜日夜恒例の原発再稼働反対大規模抗議行動が総理官邸前で行われ、約4000人(主催者発表)が参加した。
 原発ゼロが可能なことを分かりやすく解説したリーフレット「NO NUKES MAGAZINE(ノーニュークスマガジン)」が、官邸前行動で初めて配布された。
 「再稼働反対」 「原発なくせ、今すぐ廃炉」

2013
 安倍晋三自公政権は、閣議で元大相撲横綱・大鵬(故・納谷幸喜)に21例目の国民栄誉賞を授与することを正式に決めた。
 大相撲では1989年に受賞した元大相撲横綱・千代の富士に続き2例目。
 授与式は、2月25日に総理官邸で行う予定。

2013 2013年チェリャビンスク州の隕石落下
 ロシア南部ウラル地方チェリャビンスク州周辺で、午前9時20分(日本時間午後0時20分)頃、隕石が上空で爆発し、
 3カ所に破片落下の痕跡が見つかった。人口密集地への落下は免れたが衝撃波で大気が激しく振動し、
 割れたガラスの破片による切り傷などで負傷者が約1000人に達し、うち200人以上が子供で、2人が重傷を負い、112人が入院した。
 隕石落下で多数の負傷者が出るのは極めて珍しいというが、近くにはベロヤルスク原発や使用済み核燃料再処理工場があり、
 直撃していれば福島第1原発事故(人災)の二の舞になっていた。


2014 福島第1原発事故(人災)
 東京電力は、過酷事故(レベル7)を起こした福島第1原発1〜3号機の原子炉用冷却水を一時貯蔵するためのタンク群を囲む堰(せき)内にたまった
 放射能汚染水をポンプで移送中に、配管の接続部から漏水した、と発表した。漏水量は1.7トンと推定されるという。
 堰(せき)の汚染水には1リットル当たり、セシウム134が23ベクレル、セシウム137が77ベクレル、ストロンチウム90が11ベクレル含まれていた。

2014
 沖縄県立博物館・美術館(沖縄県那覇市)は、南城市のサキタリ洞遺跡から、石器に代わる鋭利な貝製の道具や装飾品が出土し、
 年代測定の結果、国内最古となる2万3千〜2万年前(後期旧石器時代)のものだ、と発表した。
 国内では縄文時代(約1万数千〜二千数百年前)の貝製品は出土しているが、旧石器時代の遺跡から見つかるのは初めて。

2014
 世界三大映画祭の一つ、ドイツで開催中の第54回ベルリン国際映画祭で、主要賞の授賞式が開かれ、
 山田洋次監督の「小さいおうち」に出演した黒木華(はる)が最優秀女優賞に選ばれた。
 日本人の同賞受賞は2010年の寺島しのぶ(「キャタピラー」)以来4人目。

2014
 急速に発達する低気圧の影響で昨夜深夜から翌日未明にかけて関東甲信や東北は大雪となり、
 東京都心(大手町)で27センチの積雪を観測し、戦後4番目だった2月8日の記録に並んだ。

2014
 宇都宮地方気象台によると、午前7時、栃木県宇都宮市で最大積雪32センチを観測し、1890年の観測開始以降で最多を記録した。

2014
 甲府地方気象台によると、午前9時、山梨県甲府市で最大積雪114センチを観測し、1890年の観測開始以降で最多を記録した。

2015 福島第1原発事故(人災)
 停滞する住宅再建 今春にも帰還の楢葉町
 福島原発事故の被災地で昨年来、避難指示解除が本格化しつつある。
 事故直後に町域の大半が立ち入り禁止となり、全町的な避難が続く福島県楢葉町は、今春にも解除を受け入れることを検討している。
 しかし、同町では肝心の住宅再建が滞っている。傷んだ家屋の修繕が進まず、帰るに帰れない状況だ。
 復興ムードを演出したい国は解除に前のめりだが、生活現場では山積する問題が放置されたままだ。(榊原崇仁)(2月15日 紙面から)
 東京新聞 特報

2015 福島第1原発事故(人災)
 世界最大の地震多発国で54基の原発を海岸線に建てる。
 これだけで、いかにこの国の官僚・政治家・学者・東京の大手メディアが無能であるかがわかる。あるいは金に弱いかがわかる。
 民主党政権になって、福島第1原発事件を仕掛けられた。それでも再稼働という。その政党に政権を与える国民も暗愚です。
 イスラエルは、国防の観点から、作る技術はあっても、原発をもたない。お花畑の日本は、54基も海岸線に作り、今度は中東に参戦する。
 このバカさ加減には涙が出てくる。日本民族には論理的な思考ができない。想像力がない。目先の金で、最終的な亡国に突っ走っている。
 原発利権マフィアは、津波にテーマをそらそうと必死だ。しかし、深刻なのは地震だ。
 阪神淡路大震災のような直下型の地震が建屋を襲えば、
 かりに耐震補強を施しても、複雑に張り巡らされた配管や配線のすべてが無傷のままということはありえない。
 太平洋戦争に露出したのは、日本民族の無責任。しかし、これは支配層から末端の国民まで、全体に浸透した民族のDNAだった。
 その無責任が、今、跋扈し始めた。福島第1原発事件が解明されていないのに、原発の再稼働と対テロ戦争。動機は金だ。
 99%には無縁の金なのだが、国民が考えない。
 原発の輸出は、民主党支持母体の電力総連の方針だ。だから民主党が脱原発に踏みきることはない。
 また、原発輸出には国際協力銀行が融資あるいは債務保証をやる。
 この銀行は財務省の天下り先で、経営責任者以下、取締役は財務省出身者である。
 金がらみ、欲がらみの原発利権の構図が日本から希望を奪う。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2015 福島第1原発事故(人災)
 民主党政権時代に、福島を「死の街」と表現して、クビになった大臣がいた。
 今や、日本は「死の国」にまっしぐらだ。
 この現実の方が深刻なのに、東京の大手メディア(「記者クラブ」メディア)は沈黙したままだ。
 報道の自由度を許す政権は批判し、許さない政権には提灯記事を書く。恥を知れ!
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2015 格差社会
 考えてみれば、3世政治家の安倍首相は格差社会の象徴のような存在だ。
 おぼんぼんの特徴は、自分の思う通りにならないとダダをこね、批判されるのが嫌いで、取り巻きを集めて好きにやり、家業を破綻させる。
 社会的流動性が低下し、能力のある人物がリーダーになれない社会はこうして滅びていく。
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015 報道の自由
 人質事件を利用した戦争体制、アベノミクスの失敗、辺野古基地強行、福島の環境回復、雇用や社会保障政策の問題点、
 この5大タブーに挑んでいるメディアやジャーナリストや言論人たちが存在する限り、日本はかろうじて民主主義国家であり続けられる。
 とくに若い女性たちの活躍に期待したい。
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2015
 外務省マッ青 憲法か旅券法か…旅券返納問題が法廷闘争へ
 シリアに取材目的で渡航を計画し、外務省から強制的に旅券を“没収”された新潟市のフリーカメラマン杉本祐一氏(58)が12日、
 都内の日本外国特派員協会で怒りの会見を開き、今後、命令の取り消しなどを求めて裁判で争う姿勢を示した。
 杉本氏の代理人を務めるとみられるのが、山下幸夫弁護士。
 特定秘密保護法の違憲訴訟を手掛け、日弁連の国際刑事立法対策委員会委員長などを務める大物だ。
 山下弁護士は「まだ訴訟代理人になると正式に決まったわけではない」と前置きしつつ、こう言う。
 「今回の措置については国内外から異論が出ており、裁判をやる意義はあると思います。裁判を通じて根拠を明らかにするべきでしょう」
 2015年2月15日 日刊ゲンダイ

2015
 安倍首相の元アドバイザー「人種隔離政策のススメ」 産経新聞社前で抗議
 日本の恥を世界にさらすような筆禍事件が起きた。
 安倍首相の政策アドバイザーだった作家の曽野綾子氏が、
 産経新聞(11日付け)にアパルトヘイト(人種隔離政策)をすすめるかのようなコラムを書いたのである。
 労働力不足を補うために移民をもっと受け入れ、人種別に居住地区を分けよ、という内容だ。
 海外メディアは大騒ぎとなった。ロイターやウォールストリートジャーナルが伝え、各国の新聞が転載した。
 アパルトヘイトの撤廃を血で勝ち取った南アフリカ共和国はたまったものではない。
 同共和国のモハウ・ペコ駐日大使は産経新聞に抗議文を送付している。
 産経新聞に問題のコラムが掲載された2月11日は、ネルソン・マンデラ氏が獄中から解放されて25周年にあたる。
 曽野綾子氏は第2次安倍内閣で首相の私的諮問機関である教育再生実行会議のメンバーを務めた。
 教育を論じる人物が人種隔離政策をすすめるかのような説を唱え、安倍首相に近い新聞社がそれを拡声する。
 日本の主要メディアはこれを問題視しない。レイシズムがまかり通る社会になってしまったのだろうか。
 2015年2月15日 田中龍作ジャーナル

 大手町なう。アパルトヘイトを容認するかのようなコラムを掲載した産経新聞に、有志たちが抗議している。
 人権団体ではないところに意義がある。
 田中龍作 (@tanakaryusaku) | Twitter

2015
 独禁法適用でトドメ 安倍政権が狙う「農協潰し」次の一手
 安倍政権が今国会で「改革の目玉」と位置付ける「農協改革」。
 改革の骨子は、JA全中(全国農業協同組合中央会)の一般社団法人化や監査権限の撤廃などだが、
 農協関係者からは、今回の見直しを突破口にさらなる“農協潰し策”を打ち出すとみられている。
 埼玉大名誉教授で、経済学博士の鎌倉孝夫氏はこう言う。
 「『農協改革』は現場の農家が求めたものでもなく、農林族の国会議員の要望でもない。改革会議が発端であり、つまりは大資本の要望なのです。
 政策はそのためのもの。すべてはTPP(環太平洋経済連携協定)に向けた対応と言っていい。
 (独禁法の適用除外になれば)農協はバラバラになり、潰れる運命です」
 2015年2月15日 日刊ゲンダイ

2015
 激戦の島 帰れぬ遺骨 硫黄島 1万1000人分残る
 東京都心から1250キロ南の硫黄島。
 太平洋戦争末期の1945年2月に始まった日米の激戦で、日本兵約2万3000人のうち95%が命を落とした。
 自国の領土なのに遺骨収容は遅々として進まず、戦後70年となった今も約1万1000人分が見つかっていない。
 国内で硫黄島と同じく地上戦があった沖縄では約十八万人が亡くなり、残る遺骨は民間人も含め約三千柱。
 それと比べ、硫黄島の一万一千はあまりに多い。
 2015年2月15日 東京新聞

2015
 男子テニスのメンフィス・オープンは、テネシー州メンフィスであり、
 シングルス決勝で世界ランキング5位の錦織圭(にしこりけい)が、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6―4、6―4で破って今季初優勝し、
 同一ツアー大会初の3連覇を達成した。

2015
 トルコからISISに入っているジハード主義者の職業は、弁護士、商人、小さな店のオーナー、大学生、公務員、民間企業の労働者と、多岐にわたる。
 驚くことに既婚者が多い。教育レベルはトルコの平均よりも高い、といった調査がある。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2015
 ヨルダンの空爆で、7000人の兵士を殺したとヨルダン発表。もちろん、女性や子どもといった民間人も含まれ、その方が多いだろう。
 これも一連の安倍晋三の、中東挑発外交がもたらしたものだ。
 以前から、安倍が中東へ行くと死者が出る、といわれていたが、そのとおりになった。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2015
 過激派組織「イスラム国」のグループは、リビアで拘束していたエジプトのキリスト教の一派、コプト教徒21人を殺害したとする映像を公開した。

2016 辺野古新基地建設 福島第1原発事故(人災) 報道の自由
 【アベ的未来社会】
 辺野古において無表情に市民の抗議行動を排除する機動隊員に関する記事。
 みな人間的良心を失い、身の回り半径1,5メートルにしか関心を持たず、自分の職業だけをたんたんとこなす。
 安倍政権のめざす日本社会を暗示しています。
 
 【アベ的未来社会2】
 まもなく福島第1原発事故から5年。今も10万人近くの人々が避難生活をしている。原発事故で老夫婦が「老々避難」する様子の取材記事です。
 読んでいると、先の戦争で空襲からの避難者を連想させる。「国」は「国民」を守らない。
 
 【アベ的未来社会3】
 ネオナチとオトモダチの高市総務相が放送法4条違反をたてにした放送中止発言を、政府統一見解で追認。
 おバカな政府が「公平性」を判断する未来社会は、言論抑圧はすでに「自粛」という形で実現している。戦争への「道半ば」です。
 
 金子勝 (@masaru_kaneko) | Twitter

2016 福島第1原発事故(人災)
 丸川珠代が、「年間被ばく線量1ミリシーベルト」に関して「何の根拠もない」と講演した。これは被曝を受け入れることを進めるのと同じである。
 しかし、「高齢者は早く死ね」の84歳曽野綾子と同じで、1%の丸川はそのなかに入っていないのだ。
 丸川が福島に入るときは重装備することになっている。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 情報操作
 米ロともロケットで人工衛星を打ち上げたといっている。日本だけミサイル発射と大騒ぎだ。
 薄汚いのは犬HKで、「実質的な(!)弾道ミサイル発射実験」と奇妙な表現を使って、安倍さまの犬HKぶりを発揮している。
 政治的に対立している国のロケット発射は、すべてミサイル発射になるらしい。
 北朝鮮の人工衛星ロケットを、ミサイル発射実験と大騒ぎして、状況は確実に戦争に向かっている。
 実に簡単に東京の大手(「記者クラブ」)メディアは、極右に城を明け渡した。
 こんなメディアであるから太平洋戦争も可能だったのである。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2016
 総理は本日の「精神的自由権がなぜ経済的自由権に優越するのか」を問われ、答えられなかった。
 そもそも精神的自由権が損なわれれば、民主主義そのものが傷つき、是正・回復が困難になるからである。
 憲法の基礎の基礎である。結局、憲法を知らない政治家が憲法を変えようとしている。冗談にもならない。
 小沢一郎(事務所) (@ozawa_jimusho) | Twitter

2016
 安倍政権に対する怒りを最も効果的に盛り上げるには、やはり消えた年金問題が一番だろう。
 2007年参院選と違うのは、今回国民の積み立てた掛け金が本当に消えたこと。それは海外投資家への贈与だった。
 アベノミクスなる詐欺の被害者であることを国民が認識することが政治戦略の第一歩
 山口二郎 (@260yamaguchi) | Twitter

2016
 本日安倍総理は株価暴落により巨額の年金運用損が発生している問題について、
 「給付に耐える状況にない場合は給付で調整するしかない」と、年金支給額の減額があり得ると答弁。考えられない。
 勝手に官製相場の道具にしておいて年金が払えなくなる可能性もあるなどとよくもぬけぬけといえたものである。
 小沢一郎(事務所) (@ozawa_jimusho) | Twitter

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 報道の自由
 高市早苗は、世界から顰蹙を買っている日本の御用メディアでもまだ不満らしい。全体に、安倍晋三の周りには小物観が漂う。
 メディアの評判を非常に気にする。批判を受け付けない。学ぼうとしない。逆に言葉狩りをおこなう。
 安倍政権に関する広告・広報の偏向報道は、すでに犬HKを先頭に、東京の大手(「記者クラブ」)メディアが実行していることだ。
 高市早苗は、早速電波停止にしたらよかろう。
 兵頭正俊 (@hyodo_masatoshi) | Twitter

2016 記者クラブ クロスオーナーシップ 報道の自由
 「政治的公平性を損なった場合には電波を停止する」と高らかに宣言するこの総務大臣の姿勢こそ、
 メディアに継続的に圧力を加え国民を政権に都合の良いように誘導しようという安倍政権の政治姿勢を如実に表すものである。
 安倍政権は、今や経済だけでなく、この国の民主主義さえもぶち壊そうとしている。
 小沢一郎(事務所) (@ozawa_jimusho) | Twitter

2016
 厚生労働省は、全国約5千の定点医療機関から2月1日〜7日に報告されたインフルエンザの患者は、1医療機関当たり34.66人となり、
 全国の推計患者数が1週間で約164万人に上った、と発表した。
 休校や学年閉鎖、学級閉鎖をした保育所や小中学校などは5995校となり、流行が本格化した。



忌日 命日 鬼籍

2月15日

1804
 高橋至時(たかはしよしとき) 39歳 1764年12月22日(明和1年11月30日)生

1857
 ミハイル・グリンカ(Mikhail Ivanovich Glinka) 52歳 1804年6月1日(露暦1804年5月20日)生

1957
 小川春之助 71歳 1885年4月25日

1958
 徳永直(とくながすなお) 59歳 1899年1月20日

1959
 オーエン・リチャードソン(Owen Willans Richardson) 79歳 1879年4月26日生

1962
 堀井新治郎 86歳 1875年8月13日

1965
 ナット・キング・コール(Nat King Cole) 45歳 1919年3月17日

1980
 新田次郎 67歳 1912年6月6日生 心筋梗塞

1983
 大西良慶(おおにしりょうけい) 107歳 1875年12月21日

1988
 リチャード・ファインマン(Richard Feynman) 69歳 1918年5月11日

1999
 ヘンリー・ケンドール(Henry Kendall) 72歳 1926年12月9日

1999
 山岡久乃 72歳 1926年8月27日生 胆管がん

2003
 奥田元宋(おくだげんそう) 90歳 1912年6月7日



Google
Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.