1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
12月 師走 しわす December 水仙(高潔) トルコ石(成功) 親子月 おやこづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

12月25日

 わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる
  イエス・キリスト(Jesus Christ) ベツレヘム
  -004.05.20生(アレクサンドリアの神学者クレメンスによる説)
  -004.09.15生(イギリスの天文学者ヒューズによる説)
  0030.04.07
  ゴルゴダの丘で十字架の処刑

 うつし世を神さりましし大君のみあとしたひて我はゆくなり
  乃木希典
 いでまして帰ります日のなしと聞く今日のみいきにあふぞ悲しき
  乃木静子

 箱根山 昔ゃ背で越す 駕籠で越す 今じゃ寝ていて 汽車で越す トンネルくぐれば まっくろけのけ オヤオヤまっくろけのけ
 与市兵衛 杖を頼りに とぼとぼと オ〜イオ〜イと 定九郎 提灯ばっさり まっくろけのけ オヤオヤまっくろけのけ
 桜島 薩摩の国の 桜島 煙を吐いて 火を噴いて 十里四方が まっくろけのけ オヤオヤまっくろけのけ
  「まっくろけ節」添田唖蝉坊

 あゝわからない/\。今の浮世はわからない。
 文明開化といふけれど。うはべばかりぢやわからない。
 瓦斯や電氣は立派でも。蒸氣の力は便利でも。
 メツキ細工か天ぷらか。見かけ倒しの夏玉子。
 人は不景氣不景氣と。泣き言ばかり繰りかへし。
 年が年中火の車。廻してゐるのがわからない。
 あゝわからないわからない。義理も人情もわからない。
 私欲にまなこがくらんだか。どいつもこいつもわからない。
 なんぼお金の世ぢやとても。赤の他人はいふもさら。
 親類縁者の間でも。金と一言(ひとこと)聞くときは。
 忽ちエビスも鬼となり。くまたかまなこをむき出して。
 喧嘩口論訴訟沙汰。これが開化か文明か。
 あゝわからないわからない。乞食に捨兒に發狂者。
 スリにマンビキカツパライ。?盜竊盜詐欺取財。
 私通姦通無理情死(しんぢゆう)。同盟罷工や失業者。
 自殺や餓死凍死(うへじにこゞへじに)。女房殺しや親殺し。
 夫殺しや主殺 し。目も當てられぬ事故(こと)ばかり。
 むやみやたらに出來るのが。なぜに開化か文明か。
 あゝわからないわからない。金持なんぞはわからない。
 贅澤三昧仕放題。妾をかこふて酒呑んで。
 毎日遊んで居りながら。金がだんだん増へるのに。
 働く者はあくせくと。流す血の汗油汗。
 夢中になつて働いて。貧乏するのがわからない。
 貧乏人のふへるのが。なぜに開化か文明か。
 あゝわからないわからない。賢い人がなんぼでも。
 ある世の中に馬鹿者が。議員になるのがわからない。
 議員といふのは名ばかりで。間ぬけで腑ぬけで腰ぬけで。
 いつもぼんやり椅子の番。唖かつんぼかわからない。
 あゝわからないわからない。當世紳士はわからない。
 法螺を資本(もとで)に世を渡る。あきれ蛙の面の皮。
 あつかましいにも程がある。其の癖藝者に振られたり。
 弄花(はな)に負けたりする時は。青くなるのがわからない。
 あゝわからないわからない。今の坊主はわからない。
 殊勝な面でごまかして。寢言念佛ねむくなる。
 女をみだぶつ法蓮華經。それも白髪のぢいさんや。
 ばあさん達が金着を。はたく心がわからない。
 あゝわからないわからない。耶蘇の坊主もわからない。
 飯も食へない人達に。アーメンソーメンうんどんを。
 食はせるなればよいけれど。聽かせるばかりで何になる。
 何も食はずにお前等の。まづい説教がきかれよか。
 あゝわからないわからない。威張る役人わからない。
 なぜにゐばるかわからない。只ムチヤクチヤに威張るのか。
 彼等がゐばれば人民が。米搗バツタを見るやうに。
 ヘイ/\ハイ/\ピヨコ/\と。御辭儀するのがわからない。
 あゝわからないわからない。今のお醫者はわからない。
 仁術なんぞといふけれど。本職はおやめでたいこもち。
 千代萩ではあるまいし。竹に雀の氣が知れん。
 貧乏人を見殺しに。して居る心がわからない。
 あゝわからないわからない。辯護士なんぞもわからない。
 おだてゝ訴訟を起させて。原告被告のなれあひで。
 何をするのかわからない。勝つも負けるも人の事。
 報酬貪むさぼる事ばかり。何が義侠かわからない。
 あゝわからないわからない。なぜにわれ/\人間は。
 互に斯くまで齷齪と。朝から晩まで働いて。
 苦しい目に遇ひ難澁の。事に出遇ふて死ぬよりも。
 辛い我慢をしてまでも。命を續けて居るのやら。
 どう考へてもわからない。何を目的(めあて)に生存(ながら)へて。
 居るのかさつぱりわからない。我身で我身がわからない。
 あゝわからない/\。善惡正邪(いゝもわるいも)わからない。
 ます/\闇路に踏み迷ひ。もだへ苦しむ亡者殿。
 お前はホントニわからない。權利も自由もわからない。
 經濟問題わからない。いつまで迷ふて御坐るのか。
 あゝわからないわからない。生存競爭わからない。
 鐵道電氣じやあるまいし。針金細工の綱渡り。
 こんな危險(あぶない)事はない。こんな馬鹿げた事はない。
 死んだが増しかもわからない。あゝわからない/\。
  「わからない節」添田唖蝉坊

 學校の先生は えらいもんぢやさうな
 えらいから なんでも教へるさうな
 教へりや 生徒は無邪氣なもので
 それもさうかと 思ふげな
 ア ノンキだね
 成金といふ火事ドロの 幻燈など見せて
 貧民學校の 先生が
 正直に働きや みなこの通り
 成功するんだと 教へてる
 ア ノンキだね
 貧乏でこそあれ 日本人はえらい
 それに第一 辛抱強い
 天井知らずに 物価はあがつても
 湯なり粥なり すゝつて生きてゐる
 ア ノンキだね
 洋服着よが靴をはこうが 學問があろが
 金がなきや やっぱり貧乏だ
 貧乏だ貧乏だ その貧乏が
 貧乏でもないよな 顏をする
 ア ノンキだね
 貴婦人あつかましくも お花を召せと
 路傍でお花の おし賈りなさる
 おメデタ連はニコニコ者で お求めなさる
 金持や 自動車で知らん顔
 ア ノンキだね
 お花賈る貴婦人は おナサケ深うて
 貧乏人を救ふのが お好きなら
 河原乞食も お好きぢやさうな
 ほんに結構な お道樂
 ア ノンキだね
 萬物の靈長が マッチ箱見たよな
 ケチな巣に住んでゐる 威張つてる
 暴風雨(あらし)にブッとばされても
 海嘯(つなみ)をくらつても
 「天災ぢや仕方がないさ」で すましてる
 ア ノンキだね
 南京米をくらつて 南京虫にくはれ
 豚小屋みたいな 家に住み
 選挙權さへ 持たないくせに
 日本の國民だと 威張つてる
 ア ノンキだね
 機械でドヤして 血肉をしぼり
 五厘の「こうやく」 はる温情主義
 そのまた「こうやく」を 漢字で書いて
 「澁澤論語」と 讀ますげな
 ア ノンキだね
 うんとしぼり取つて 泣かせておいて
 目藥ほど出すのを 慈善と申すげな
 なるほど慈善家は 慈善をするが
 あとは見ぬふり 知らぬふり
 ア ノンキだね
 我々は貧乏でも とにかく結構だよ
 日本にお金の 殖えたのは
 さうだ!まつたくだ!と 文なし共の
 話がロハ臺で モテてゐる
 ア ノンキだね
 二本ある腕は 一本しかないが
 キンシクンショが 胸にある
 名譽だ名譽だ 日本一だ
 桃から生れた 桃太郎だ
 ア ノンキだね
 ギインへんなもの 二千圓もらふて
 晝は日比谷で たゞガヤガヤと
 わけのわからぬ 寢言をならべ
 夜はコソコソ 烏森
 ア ノンキだね
 膨脹する膨脹する 國力が膨脹する
 資本家の横暴が 膨脹する
 おれの嬶(かゝ)ァのお腹が 膨脹する
 いよいよ貧乏が 膨脹する
 ア ノンキだね
 生存競争の 八街(やちまた)走る
 電車の隅ッコに 生酔い一人
 ゆらりゆらりと 酒のむ夢が
 さめりや終點で 逆戻り
 ア ノンキだね
  「のんき節」添田唖蝉坊

 自分自身の思い、自分自身の考え方そのものを根本から変えることができない人間は、周りの世界を変えることは一切できない。
 ちっぽけな領土よりも、平和の方がずっと大切だ。 もう戦争はやめよう。
  アンワル・アッ=サーダート

 お呼びでない?……お呼びでないね。こりゃまた失礼いたしました!
 分かっちゃいるけどやめられない
 なんでアル? アイデアル
 自分がやりたいことと、やらなければならないことは別なんだ。
 戦争というものは集団殺人だ。
  植木等



 早合点の早忘れ
 人の話をろくに聞かずに早呑み込みするような人は、忘れるのも早くてなんとも頼りにならない。

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.