1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
12月 師走 しわす December 水仙(高潔) トルコ石(成功) 親子月 おやこづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

12月13日



 我々は、自分の過失についてはいつまでも自分を騙し続ける。そして最後には過失を徳と考えるようになってしまう。
 恋に狂うとは言葉の重複であって、恋とはすでに狂気なのである。
 結婚行進曲を聞くと、戦地に赴く兵隊たちに捧げられる曲を思い出す。
 多くを持つ者は、さらに多くを手に入れる。わずかしか持たない者は、そのわずかなものさえ奪われる。
 どの時代にもそれぞれの課題があり、それを解くとこによって人類は進歩する。
 春が何であるかは冬になって初めてわかる。 牢獄にいて、人は初めて、自由の値打ちを知る。
 大きな苦しみからわたしは小さな歌をつくる。
  ハインリッヒ・ハイネ



 私の事業的信念は、それが世に価値のあるものならば、数字的に自信がなくとも、正しく行えば成し遂げられるということである。
 同じく事業をやるなら、人間は自分の好きな事業に手を出すべきだ。
  大谷竹次郎

 遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
 たゆみない宇宙の営みを告げています。
 満点の星をいただく果てしない光の海を、豊かに流れゆく風に心を開けば、煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、
 なんと饒舌なことでしょうか。
 光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。
 これからのひと時、日本航空が、あなたにお送りする音楽の定期便、ジェットストリーム、
 皆様の、夜間飛行のお供を致しますパイロットは、わたくし、城達也です

  城達也




 二十(はたち)坊主は牛の陰嚢(ふぐり)、五十坊主は鹿の角
 牛の陰嚢は落ちそうで落ちないが、鹿の角は落ちないようで落ちることから、
 若年の僧侶は、案外堕落しないが、中年の僧侶は、かえって堕落しやすい



Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.