1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
9月 長月 ながつき September 芙蓉(繊細な美) サファイア(誠実) 菊月 きくづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

9月30日

 失敗は成功の味を引き立てる調味料である。
  トルーマン・カポーティ

 才能というのは、触発してくれる人がいて初めて花咲くものです。
  星野哲郎

 以前、一日に一回よろこぼう、と考えたことがありました。
 ちょうど男の更年期にあたる時期で、毎日がとてもしんどく感じられた頃のことです。
 一日に一回、どんなことがあってもよろこぶ。そう決心しました。そして、それを手帖に書くことにきめました。
 そのために新しい日付入りの手帖を買い込んだのです。
 寂しさを誤魔化そうとかしてはならない。自分を欺いたりしないで、そのさびしさをまっすぐに見つめ、その自分の心に忠実にしたがえばよい。
 肉体的な弱点でも、内面的なものでも、それを他人に気づかれまいと苦心するところから人間は醜くなるのです。
 自分自身を囃(はや)し自分自身に相づちを上手に打てるようになったとき、
 私たちは孤独のなかでも明るく、いきいきした表情で暮らすことができるようになるかもしれない。
 メタボリック症候群という言葉がすっかり流行語になりましたが、あんなものに踊らされるのが一番いけない。
 日本は世界で最もメタボ基準が暴走した国です。
 本当に長生きで健康なのはちょっと小太りな人だとよく言われる。
 ウエスト幅の健康基準などというものを国家が決めるのはファシズムです。
 日本には世界に誇るべき思想がふたつあります。
 ひとつはSyncretism(シンクレティズム)、神仏混淆という考え方です。仏壇と神棚が同居していても争いにならない。
 一神教同士の原理主義的な宗教対立が先鋭化して世界の発展を阻害している時代だからこそ、共存思想が輝きを放つのです。
 もうひとつが、Animism(アニミズム)、山にも川にも、一木一草にも精霊や神が宿るという考え方です。
 今日の環境問題の根底には西欧的な人間中心主義があります。人間も地球の一員という発想は、アニミズムの根からしか生まれてきません。
 私自身は、さんざん苦労していろんな目に遭って生きてきたのだから、
 「疲れたけれど、これで休めるか」というようなホッとする気持ちで死に臨めればいいな、と考えています。
  五木寛之

 現代の奢侈は、物質と情報の氾濫の中で人間の感性をふやけさせ、人間そのものを土左衛門のようにいたずらに肥満させてしまった。
 われわれは氾濫の中に無価値の虚無しか眺められない。
  石原慎太郎



 十日の菊、六日の菖蒲(あやめ)
 九月九日は菊の節句、五月五日は菖蒲の節句であることから、時期に遅れて用をなさないこと。

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.