1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
8月 葉月 はづき August 百合(純潔・高貴・自尊心) 紅縞瑪瑙(夫婦愛) 萩月 はぎづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

8月28日

 愛する人の欠点を愛するとこのできない男は真に愛しているとは言えない。
 外国語を知らない者は、自国語についても無知である。
 不正なことが、不正な方法で除かれるよりも、不正なことが行われているほうがまだいい。 
 人生で一番楽しい瞬間は、誰にも分らない二人だけの言葉で、誰も分らない二人だけの秘密や楽しみをともに語り合っているときである。
 人生は全て次の二つから成り立っている。したいけど、できない。できるけど、したくない。
 二十代の恋は幻想である。三十代の恋は浮気である。人は四十歳に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る。
 王様であろうと百姓であろうと、自分の家庭で平和を見出す者が一番幸福な人間である。
 気持ちのよい生活を作ろうと思ったら、
 済んだことをくよくよせぬこと、
 めったに腹を立てぬこと、
 いつも現在を楽しむこと、
 とりわけ、人を憎まぬこと、
 未来を神にまかせること。
 たとえ何かを失っても、生まれ変わったようにふるまえ。
 毎日が何を欲するかを、たずねよ、毎日が何を欲するか、毎日が言ってくれる。
 自分の行為を喜べ、他の人がなすことを貴べ。
 誰一人知る人もない人ごみの中をかき分けていくときほど、強く孤独を感じるときはない。
 人間もほんとうに低劣になってくると、他人の不幸を喜ぶこと以外にはもはや何らの興味も持たなくなる。
 五つのこと五つを生ぜず。なんじ、この教えに耳を開け。
 高慢の胸に友情めばえず、礼にならわざるは卑しき仲間、
 無頼の徒は大をなさず、ねたむ者は弱点をあわれまず、虚言をなす者は誠と信を望み得ず…こを肝に銘じ、ゆめ惑わさるるなかれ。
 自由に呼吸することは、人生を孤独にしない。
 自分自身の道を歩いて迷っている子供や青年のほうが、他人の道を間違いなく歩いている人々よりも、好ましく思う。
 人間はたがいにゆずり合うのは容易なことではない。最善の意志や意図を持ってしてすら容易なことではない。
 ところがさらに悪意が加わりすべてをゆがめてしまう。
 人間のあやまちこそ、人間をほんとうに愛すべきものにする。
 人間は社会の中でものを教わることができよう。しかし霊感を受けるのはただ孤独においてのみである。
 自分を信じよう。そうすればどう生きるかがわかる。
 人間というものは、自分の欲するままにどちらに向こうと、どんなことを企てようと結局はいつでも、
 自分によってあらかじめ計画された道にもどってくる。

 人をほめれば、その人と対等になれる。
 思い高ぶらない人間は、本人が信じているよりもはるかにたいした人物である。
 女は決して自分の自然な姿を見せない。
 なぜならば女は、自然から生みつけられたままでもきっと人から好かれるものだ、
 といういうふうに考えることのできる男ほどのうぬぼれがないからである。
 支配したり服従したりしないで、それでいて何ものかであり得る人間だけが、ほんとうに幸福であり、偉大なのだ。
 すべての人のやさしい心の中に、気高い感情が天性によって与えられている。
 それは、自分だけ幸福になることはできない、他の人たちの幸せの中に自分の幸福を求めずにはいられない、という感情である。
 才能は孤独のうちに成り、人格は世の荒波にて成る。
  ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ



 知恵の鏡も曇る
 貧乏すると、正しく物事を認識し判断する能力のある者も愚かなことをしてしまう。
 「貧すれば鈍する」とも。

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.