1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
8月 葉月 はづき August 百合(純潔・高貴・自尊心) 紅縞瑪瑙(夫婦愛) 萩月 はぎづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

8月26日

 私は知っている、悲しみの後にはいつも喜びが来ることを。
  アポリネール

 大きなことを出来る人はたくさんいますが、小さなことをしようとする人は、ごくわずかしかいません。
 私たちの行っていることは大海の中の一滴にすぎないことは分かっていますが、それでもその分、海の水は減っているのです。
 百人を養えないならたった一人でもいいです。
  マザー・テレサ



 三つの不幸がある。若くして父を失うこと。中年にして妻を失うこと。老いて子なきこと。
 中国のことわざ

 始めるはたやすい。それを持続させるのは一つの技術だ。
 ドイツのことわざ

 短気は未練の元(もと)
 短気を起こすと、あとあと後悔することが多く、未練が生じて苦しむことになる。
 「短気は未練の初め」とも。

 「的屋殺すにゃ刃物は要らぬ、雨の三日も降りゃあいい」寅次郎
 「まくら、済まねえけど、ちょっとさくら出だしてくれ」竜造
 「結構毛だらけ猫灰だらけ、お前のお尻は糞だらけ」寅次郎
 「大したもんだよ蛙の小便、見上げたもんだよ屋根屋の褌」寅次郎
 「おばちゃん朝飯朝飯」寅次郎
 「ああ、もう冷えちゃってるよ」つね
 「上等上等温かい味噌汁さえありゃあ十分よ
 後は御新香、海苔、鱈子一腹、ねえ、 辛しの効いた納豆これにゃあねえ生葱細かく刻んでたっぷり入れてくれよ
 後は塩昆布に生玉子でも添えてくれりゃもうおばちゃん何にもいらねえな
 あれ、あ、昨日っから俺通じがねえんだ」寅次郎
 「あっ!ころっと忘れてたよ、税務署に行かなくっちゃよ」タコ社長
 「ねえ、おいちゃん」寅次郎
 「あっ、お、おれもころっと忘れてたんだ」竜造
 「何を?」寅次郎
 「いや、わかんねえからちょっと近所で聞いてくらあ、な、なんか忘れちゃった、おら忘れちゃったなあおりゃ」竜造
 「きったねえなあ」寅次郎
 「地道に働くっていうことは尊いことなのよ」さくら
 「決まった!俺明日からあんたの工場で働くぜ
 此処に目出度く仕事が決まったよ」寅次郎
 「知らないよ俺、知らないよ」タコ社長
 「俺だって知らないよ、ねえ」竜造
 「風呂 何しろ労働してくるからな
 冷えたビール 何しろ労働してくるからな
 按摩 ちょと労働して筋肉揉み解すからな
 おいちゃん、地道な暮らしってないいな」寅次郎
 「おはよう!労働者諸君!今日から僕は君たちの仲間だぞ! 共に働き共に語ろう!あははははははは」寅次郎
 「馬鹿だね、全く」竜造
 さくら つまらないものだが食べてくれ
 俺のことなら心配するな
 地道に油塗れになって働いている
 暇な時 俺の服やなんか送ってくれ
 ひょっとすると俺は一生ここで地道に暮らすかもしれない
 兄より
 「ただごとじゃねえよ、一生ってえのは
 さくら、こら何かあるぜ、何かあるよ
 おら知らねえぞ、おら知らねえよ」竜造
 「綺麗なお月様」節子
 「あーそうだねえ 天に軌道のあるごとく人それぞれに運命というものを持っております、か〜」寅次郎
 「う〜ん、な〜に?」節子
 「面白い?
 さんで死んだが三島のおせん おせんばかりがおなごじゃないよ
 白く咲いたか百合の花 四角四面は豆腐屋の娘 色は白いが水臭い
 四谷赤坂麹町ちゃらちゃら流れる御茶ノ水 粋なねえちゃん立小便」寅次郎
 「ね〜え、寅さん、出来たらよ、もし、出来たら、ずっとうちのお店にいてもらえないかしら?駄目?」節子
 「いや、いいよ、俺はず〜っと、そのつもりだったし、昔から豆腐は大好きだからな」寅次郎
 「ほんと〜」節子
 「ほんと」寅次郎
 「うん、よかった、ほんとによかったわ」節子
 「兄貴、おめでとうございます、今のプロポーズやな」源公
 「お兄ちゃん…また行っちゃうの」さくら
 「うん、やっぱり、地道な暮らしは無理だったよ、さくら、俺、昔から馬鹿だったもんなあ
 だけどよ、さくら、あんちゃんはよ、今度は、今度だけは、地道に暮らせると思ってたよ、本気でよ
 やっぱり駄目だよな、お前、幸せに暮らせよ」寅次郎
 「お兄ちゃん」さくら
 拝啓 その後、お元気ですか
 私こと思い起こせば恥ずかしきことの数々
 今はただひたすら反省の日々を過ごしています
 浦安にてお掛けしたご迷惑の数々くれぐれもお許しください
 なお柴又におります私の妹、愚かな女なれど
 身寄り頼りなき不幸の身の上故
 何かとお力になっていただきたくひれ伏してお願い申し上げます
 末筆ながら節子様の幸せを心からお祈りしています
 車寅次郎
 「兄貴、堅気になったんじゃねえのかよ、ちっとも変わってねえよ」登
 「馬鹿野郎、徐々に変わるんだよ、一変に変わったら体に悪いじゃねえかよ この野郎」寅次郎
 映画「男はつらいよ 望郷篇」(1970年8月26日公開)から

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.