1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
6月 水無月 みなづき June 牡丹(恥じらい・気品) 真珠(健康・長寿) 風待月 かぜまちづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

6月23日

 人間50年。下天の内を比ぶれば、夢幻の如くなり。一度生を得て、滅せぬもののあるべきか。
 鳴かぬなら殺してしまえホトトギス。
 必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。
 理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。
 生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。
 しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと 日々努力する。心構えがまるで違う。 これが大事だ。
 仕事は探してやるものだ。自分が創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。
  織田信長

 夕焼小焼の 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か…
  「赤とんぼ」 三木露風

 男性は、異性愛と同性愛という二種類に分離した個体群からなるわけではない。
 この世は善と悪にはわかれない。
 すべてが黒いわけでも、すべてが白いわけでもない。
 自然が不連続なカテゴリーとしてふるまうことがめったにないのは分類学の基本である。
 ただ人類だけが分類を発明し、事実をむりやり分類棚に押し込めようとするのだ。
  アルフレッド・キンゼイ

 韓国の慶尚南道で生まれ、15歳で日本に渡った私は、この国で勤勉と質素と自立心の大切さを教わりました。
 タクシーの仕事を通して、いいものを安く提供すれば、民族に関係なく、必ず受け入れてくれるものだとも学びました。
 当たり前のことですが、社員は経営者の背中を見て働くものです。
 経営者が楽をしようとしたら、そんな姿勢はたちまち社員の働きぶりに悪い影響を与えてしまいます。
 経営者は率先して苦労しないといけません。
  青木定雄

 これだけは言いたい。
 政治は、古典的には世代の間でパイを奪いあう、つまり、若い世代に使うのか、高齢者に使うのか、その配分の争いと言われます。
 これが選択肢のはずなのに、この国のおかしなところは、そのどちらにも行っていない。
 資源のない国で教育に投資していない。じゃあ医療に使っているかというと高齢者を切り捨てる。
 未来にも投資していない。過去にも投資していない。じゃあどこにお金が行っているのか。
 シンボリックには、道路を作るために59兆円のお金を向こう10年使い続ける。つまり、お金が変なところに行っているのです。
 私はガンを患っています。ガンに侵されると、本来使うべき栄養やエネルギーがガンと闘うためにそこに取られてしまう。
 本来人間が生きていくためのそれに向かなくなる。この国は、一言で言えばガンに罹(かか)っているのです。
  筑紫哲也



 自慢高慢馬鹿のうち
 自分のことを鼻にかけて偉ぶっている人は、馬鹿と同類である。

 連木(れんぎ)で腹を切る
 とても出来そうにないこと。
 「連木」とは、すりこぎのこと。
 「杓子で腹を切る」とも。


     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.