1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
5月 皐月 さつき May 菖蒲(良い便り) エメラルド(幸福・愛情) 橘月 たちばなつき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

5月21日

 一人いて悲しい時は二人いる と思え。二人いて悲しい時は 三人いると思え。その一人は 親鸞なり。
 賢者の信は、内は賢にして外は愚なり、愚禿(ぐとく)が心は、内は愚にして外は賢なり。
 無明煩悩われらが身にみちみちて、欲も多く、怒り腹立ちそねみねたむ心多く、臨終の一念に至るまで止まらず消えず絶えず。
  親鸞

 愚禿(ぐとく)
 《頭を剃った、おろか者の意から》僧が自分をへりくだっていう語。特に、親鸞が自称に用いた。

 希望は人間の胸中の尽きせぬ泉だ。人間は幸福ではない、然し常に将来に幸福を期待する存在なのだ。
 人間は初めて呼吸した瞬間に、死ぬべき素質を受け取るのだ。
 間違っていましたと認めるのを恥じる必要はない。それは、言い換えれば、今日は昨日より賢くなったということなのだから。
  アレグザンダー・ポープ

 自由とは天地自然の普遍的な原理であり、人は自由によって生まれ、国はそれによって存立するものである。
 自由がなければ、人は人生を完遂することはできず、国は国家を維持することができないものである。
  板垣退助

 おばあちゃん、こうやって時計の音がすると同時に命が減っていくのね。
 もうやらかして良いですか。どうも沢山おいでいただいてすみません。
  北林谷栄



 人(ひと)を見て法を説け
 釈迦が仏法を説くのに、相手の能力や性格に応じて千差万別であったことから、
 その人に合った助言をしなければ、その人の気持ちをつかむことはできない。
 「人(にん)を見て法を説け」とも。

 目糞、鼻糞を笑う
 自分の欠点には気付かないで、愚かにも、他人の欠点をあざ笑うこと。

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.