1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
4月 卯月 うづき April 藤(恋に酔う) ダイヤモンド(清浄無垢) 鳥待月 とりまちづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

4月8日

 天上天下唯我独尊
 天上天下、唯我独尊、三界皆苦、我当度之
 (人は誰でもこの世に一人だけであって予備の人間はいない。命は貴いものである。私は苦しむ人々を救うことを第一としよう)
 諸行は無情である。放逸にならず、精進せよ。
 (もろもろの現象は移りゆく。怠らず努めよ)
 この世は美しい。人の命は甘美なものだ。
 今日すべきことは明日に延ばさず、確かにしていくことこそ、よい一日を生きる道である。
 愚かな人は常に名誉と利益とに苦しむ。
 「わたしは愚かである」と認められる者こそ、賢者である。逆に「自分は賢者である」 と思っている者こそ、愚者と呼ぶにふさわしい。
 生まれを問うな、行為を問え。
 苦悩を乗り越えるための聖なる道は8つの部分からできている。
 正しいものの見方、正しい決意、正しい言葉、正しい行為、正しい生活、正しい努力、正しい思念、正しい瞑想である。

 誠あり、徳あり、慈しみがあって、損なわず、慎みあり、みずから調え、汚れを除き、気をつけている人こそ「長老」と呼ばれる。
  釈迦

 失敗とは転ぶことではなく、転んだまま起き上がらないことです。
  メアリー・ピックフォード

 何だよー!知らねぇよ
  萩原流行

 うぃっしゅ!
  DAIGO(ダイゴ)



 四念処(しねんじょ)
 仏教における悟りのための4種の観想法の総称
 釈迦の初期仏教の時代から、悟りに至るための最も中心的かつ最重要な観想法
 身念処 身体の不浄を観ずる(不浄観) 肉体
 受念処 一切の受は苦であると観ずる(一切皆苦) 外界からの刺激に対する感受作用
 心念処 心の無常を観ずる(諸行無常) 精神
 法念処 法の無我(いかなる事象も自分に非ず)を観ずる(諸法無我) この世の全ての存在要素

 呉越同舟
 仲の悪い者同士が同じ場所に居合わせる。
 仲の悪い者同士が共通の困難に立ち向かって協力し合う。
 孫子(九地)

 人の一寸、我が一尺
 他人の欠点は、ちょっとしたことでも目につくが、自分の欠点は、大きなものでも見えにくい。

 感謝感激雨霰
 「乱射乱撃雨霰」のもじり。
 たいへん感謝し感激していることを戯れていった言葉。
 太平洋戦争時、大日本帝国軍の優勢戦況を報じる新聞の見出しで使われた「乱射乱撃雨霰」をもじった言葉。
 元の言葉「乱射乱撃雨霰」は、日露戦争の常陸丸事件を題材にした琵琶歌「常陸丸」(作・池辺義象)で使われている。

 常陸丸事件
 1904年(明治37年)6月15日、玄界灘を西航中の陸軍徴傭運送船3隻が
 ロシア帝国海軍ウラジオストク巡洋艦隊(ウラジオ艦隊)所属の装甲巡洋艦3隻によって相次いで攻撃され、降伏拒否などにより撃沈破された事件

 池辺義象(いけべよしかた) 文久元年10月3日(1861年11月5日) - 大正12年(1923年)3月6日 肥後国(熊本県)生 国文学者 歌人

 大有り(尾張)名古屋のこんこんちき
 大有り(おおあり)
 「ある」ということを強めていう語。たくさんあること。十分にあること。もちろんあること。
 「大有り」を「尾張」にかけて「名古屋…」と続けて、しゃれたもの。
 こんこんちき
 狐のこと。
 人や物事の状態などを強調したり、冷やかしたりする語。
 猿の伊之助(植木等) 日本テレビ「桃太郎侍」第4話「甘くて苦い恋弁当」(1976年10月24日放送) 2016年4月8日再放送(とちぎテレビ)

 お酒飲む人しんから可愛い 飲んでくだまきゃなお可愛い
 都都逸

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.