1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ホーム
2月 如月 きさらぎ February 梅(忠実・独立) アメジスト(誠実) 梅見月 むめみづき
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
本日は、、時刻は です。
今日の名言 格言 ことわざ

2月17日

 日本人は広々とした自然にひたって楽しむことを心から愛している。
  フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト 「江戸参府紀行」

 日の光をかりて照る大いなる月たらんよりは、自ら光を放つ小さき燈火たらんや。
 現在は過去と未来との間に画した一線である。この線の上に生活がなくては、生活はどこにもないのである。
 寂しがらない奴は神経の鈍い奴か、そうでなければ神経をぼかして世を渡っている奴だ。酒、カルタ、女、ハッシュシュ。
 むさぼることをやめよ。まことの友は一人二人あらば足りなん。 
 森林太郎トシテ死セントス 墓ハ森林太郎ノ外一字モホルベカラズ
  森鴎外



 鼎(かなえ)、足を折る
 鼎(食物を煮るのに用いた金属の器)の三足を三公にかたどり、足が折れて用にたえないことから、
 大臣に小物を用いると、その任務にたえず、国家を危うくすること。
 「鼎折足。覆公 」易経

     

Copyright (C) 2001- Healthy Life Practice Club. All Rights Reserved.